3分間に1回。

さて、この後ろ姿は誰でしょう? 

ダンス基礎演習

背中にほぼ答えは出てしまっていますが(笑)

今日は、メディア芸術学科の龍悦代先生が担当する

ダンス基礎演習へ行ってきました!

お邪魔したのは声優コースのクラス。

『声優は俳優だ』ということから、

声優コースの授業には、舞台芸術コース

身体表現系の授業も組み込まれているんですよ。

声を出すのも体作りや姿勢が大切ですからね。

ダンス基礎演習

龍先生の授業はバレエを基本としていて、

とても厳しいのですが(龍先生は優しくしてるかも。笑)、

ほぼ初心者の学生はみんな本当に一生懸命!

しかも厳しいのに授業中、笑いが絶えないんです。

それは龍先生が3分間に1回笑わせてくれるから(笑)

ダンス苦手でも龍先生の授業は

好きな学生も多いんじゃないかな?

ダンス基礎演習

1時間30分の授業が終わると、

学生も龍先生も息切れしているのですが、

龍先生は10分後、また新たなクラスの授業開始です。

先生、ハードスケジュールだな…

 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

楽しまなきゃ損。

デザイン美術学科ビジュアルデザインコース

田野勝先生が担当する基礎実習Ⅰへ行ってきました!

この授業では毎週、課題が課せられます。

今週の提出課題は「具体的情報を視覚的にピクトグラム化する」

ビジュアルデザインコース 基礎実習Ⅰ

視覚的にピクトグラム化するというのは、

簡単に言うとシンボルマークや絵にしてみること。

学生たちからは自然破壊や地球温暖化、募金、いじめなどを

テーマにした課題作品が提出されました。

その作品を前に飾って、みんなで投票。

投票数が多かったり少なかったりするので

それを本人たちの目の前でやるのは厳しいな…

ビジュアルデザインコース 基礎実習Ⅰ

課題が毎週課せられる忙しい授業ですが、

「基礎実習は普通に課題をこなすだけではダメ。

自分の目標に向かって課題とどう向き合うのか?

自分の作品をレベルアップさせるにはどうするか?

テクニックを教えるのは簡単だけど、

自分で見つけてこい!」というのが田野先生流。

ビジュアルデザインコース 基礎実習Ⅰ

たまに厳しいことを言う田野先生だけど、

質問に行けば、すごく優しくアドバイスをくれます(笑)

課題は苦しいこともあるけど、楽しまなきゃ損!!

また来週には別の課題が待ってるよー。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

タイプはアラレちゃん。

デザイン美術学科スペースデザインコースの

緋田昌弘先生が担当する基礎実習Ⅱという

1年生の授業へ行ってきました!

この授業では、店舗併用住宅の

ウィンドウディスプレイを制作。

スペースデザインコース 基礎実習Ⅱ

今日は店舗の製図が描き終わって、

家具や店舗のイメージを自由にデッサンしていました。

最終的には、このイメージを元に

決められた寸法の立体ディスプレイ(写真後に飾ってあるやつ)になります。

スペースデザインコース 基礎実習Ⅱ

学生のデザインは庭の見える喫茶店やナチュラル雑貨のお店、

変わったところでは画材屋さんなど

普通の店舗に少し学生の個性が入った

オリジナル店舗ができそうな予感。

スペースデザインコース 基礎実習Ⅱ

いつも楽しい担当の緋田先生はというと、

ある学生のお洒落メガネが気に入っているそうで、

「アラレちゃんみたいでかわいいやん!」と、

絶賛し、借りてかけていました。

全く違和感がないな…(笑)

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

キラキラ初市民記者。

メディア・芸術学科メディアコース出版系から

新聞制作演習で行った学外授業の写真が届きました!

この新聞制作演習の授業では、

伊丹市情報誌「キラキラ」を毎年制作、発行しています。

新聞制作演習Ⅰ

新年度が始まり、新メンバーで制作を始めるにあたり、

もっと伊丹市のことを知るためと新テーマの発見のため、

先週の新聞制作演習Ⅰの授業はJR伊丹駅に集合。

有岡城跡地や小西酒蔵、旧岡田家など伊丹市内の中心部から

AI・HALLや伊丹市立美術館、柿衞文庫など伊丹市の

文化ゾーンを回って、最後に伊丹市役所へ向かう、

まさに伊丹の魅力盛りだくさんルート。

新聞制作演習Ⅰ

伊丹市役所では、実際に広報課が発行している

伊丹市広報誌の作り方やビジュアル面、

校正の時に気をつけていることなど

有意義な話が聞けたのだとか。

新聞制作演習Ⅰ

今回の学外授業を受けてから

来週から企画に入る、という担当の小原先生。

今年の新メンバーには「キラキラ」制作始まって

初の伊丹市民が学生の中にいるらしく、

また新しい視点のキラキラに期待です

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

ピッコロに興奮。

実はずっと気になっていた、メディア・芸術学科声優コース

ナレーション実習Ⅰの授業へ行ってきました!

今日は古川登志夫先生と西原久美子先生の2クラス。

先生の名前を言ってもピンとこない人は、

「DRAGON BALL Z」ピッコロ・「ONE PIECE」エース役の古川先生と

「まじかる☆タルるートくん」ミモラ・「GS美神」六道冥子役の

西原先生と言ったらわかるのかな?(笑)

西原先生なんて、地声がすでにかわいかった!!

ナレーション実習Ⅰ

ナレーションと言っても、TV・CM・ゲームと媒体があって、

さらにポエム・ストレート・キャラクターに種類分かれるのだとか。

古川先生のクラスでは、先生が体験した現場の話を聞いたり、

CM「プレーステーションニュース」の

台本を使って実践練習していましたよ。

たった2〜3行のセリフなのに、難しいんですよね…

ナレーション実習Ⅰ

アテレコ(役に声を合わせていく作業)では、

声優とその役との会話になりがちだということで、

西原先生のクラスでは、相手の目を見て、

言葉を飛ばすように意識するあいさつや、

日本語と英語の数字を交互に言っていくゲームで

みんなすごく楽しそうに授業が進んでいました!

ナレーション実習Ⅰ

声優コースの授業、初ブログ取材ということで

古川先生がふとやってくれるピッコロや

シン(北斗の拳)の声に興奮しっぱなしでした(笑)

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

ピカソに習う。

デザイン美術学科絵画コース

横溝秀実先生と中村光幸先生が担当する

2年生の専攻実習Ⅱの授業へ行ってきました!

 
絵画コース 専攻実習Ⅱ

絵画コース2年生の前期授業は、月曜日が抽象絵画、

火曜日は現代美術、金曜日に具象絵画と

曜日変わりで様々な手法を学ぶことができます。

今日は月曜日なので抽象絵画です!

今課されている課題はキュービズムの手法を使った作品。

絵画コース 専攻実習Ⅱ

キュービズムとは、1つの視点で描かれるのではなく、

様々な角度から見たものを1つの絵にするというもの。

創始者の1人であるパブロ・ピカソが描いた、

横顔と正面顔が一体になったような絵は有名ですよね。

学生さんもまだまだ始まったばかりなので、

家で描いて来た絵を組み合わせたり下描き段階。

絵画コース 専攻実習Ⅱ

キャンバスも真っ白でしたが、

授業で様々な手法を体験することで、

どの手法が自分に合っているのか?を発見して、

後期の卒業制作に繋げていって欲しいですね。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

陶芸家の特技。

デザイン美術学科の長尾登美子先生が担当する

陶芸コースの専攻実習Ⅳへお邪魔して来ました!

最近は1年生の授業に行っていたので、

2年生の授業は今年度、初取材です。

今日は、初めてロクロで作ったカップを

手で削って高台を作っている最中でしたよ。

陶芸コース 専攻実習Ⅳ

高台とはちょうどカップの底にあたる場所。

ロクロでも削れるそうですが、今回は手作業。

手でやるのとロクロでやるのとでは

雰囲気が違う作品に仕上がるので、

プロは作品に合わせて使い分けるのだとか。

陶芸コース 専攻実習Ⅳ

厚みを調整しながら削っていくのですが、

陶芸家は、触ったり弾いた音を聞くだけで

ミリ単位で厚さを当てることができるそう。

すごい特技。

陶芸コース 専攻実習Ⅳ

カップに取っ手をつける作業では、

指の形をした取っ手だったり、▽の形になっていたり、

とってもオリジナリティのある作品が

出来上がりそうな予感がしました!

陶芸コース 専攻実習Ⅳ

このカップが研究室で個人専用のカップになる予定。

これで飲むコーヒーはきっと美味しいよ〜

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

あれをやろう!

メディア・芸術学科の小野寺昭先生が担当する

1年生の演技基礎演習にお邪魔してきました!

演技の基礎というだけあって、

発声練習が入念に行われていましたよ。

演技基礎演習

「発声練習はつまらないけど、これをしておかないと

卒業公演で大きな声がでないからね。」と小野寺先生。

息を長く吐いたり、速度を変えて破裂音を発声したり、

本気でやれば腹筋が鍛えられそうです(笑)

演技基礎演習

小野寺先生が発声練習後に

「あれをやりましょう!」といえば、エチュードのこと。

エチュードとは即興劇のことで、 白い箱を何かに見立てて演技をします。

稽古場は自分を解放して、恥をかくところ、 

初めはみんな演技をすることが恥ずかしそうでしたが、

少しずつ慣れてきているようでした。

演技基礎演習

ただの白い箱がみんなの演技によって、

下駄箱や跳び箱、お風呂など…

違う何かに見えるよう、創造する力をつけます。

まだまだ始まったばかりなので、

恥ずかしさやぎこちなさもありましたが、 

これから2年間、卒業公演に向けて頑張って欲しいな。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

漫画家の命。

デザイン美術学科キャラクター造形コース

基礎実習Ⅶの初授業へ行ってきました!

この授業は、少年漫画向けの桜水樹先生と

少女漫画向けの井土かな子先生の2クラスを開講。

キャラクター造形コース 基礎実習Ⅶ

キャラクター造形コースといえば漫画ですが、

漫画を描くには色々な道具が必要です。

初日のこの日は、今後必要な道具の特徴についてや

実際にプロの漫画家が使っている道具を教えてもらいました。

今後、色々な道具を使ってみて、

自分と相性の合うものを見つけていってね。

キャラクター造形コース 基礎実習Ⅶ

この中でひときわ目を惹く道具といえば、

(個人的には)羽根のような形の羽根ぼうき。

漫画家は原稿命!ということで、

原稿用紙の消しカスを払うときでさえ、

手で払わず、この羽根ぼうきや専用のブラシを使うそう。

手についている微量の油が原稿につくことでインクがつかなかったり、

トーンがはがれ易くなってしまうことを防ぐためなのだとか。

キャラクター造形コース 基礎実習Ⅶ

そこまで考慮して原稿は1枚1枚描かれているんです。

独学で漫画描いていた学生さんもいると思うけど、

そういったプロの心得みたいなものも

芸短ではぜひ、学んでいって欲しいな。 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

竹内ガイドとツアー。

今日から前期授業が始まりました!!

1年生は芸短で初授業ですね。

そして、初授業のブログ取材に選んだのは

メディア・芸術学科の『ステージ技術演習』。

ステージ技術演習

教室となる芸術ホールへ行ってみると、

椅子が大量に並べられていました。

メディアコースの放送系や舞台芸術コースの身体表現系、

ポピュラー音楽コースと意外とコースを選ばないので、

学生さんが集まったみたい。

すごい履修者の数で大人気です。

ステージ技術演習

竹内先生ガイドのもと、教室である

芸術ホールの舞台装置の見学ツアーへ。

実際に照明を降ろしてみたり、音響卓を触ってみたり。

舞台幕の素材はベルベット素材で

毛足が上を向いているのだとか。

ステージ技術演習

「その理由は上からの照明の光を吸収して

反射を防ぎ、幕がより黒く見えるようになるからなんだよ。」

なんて、プチ雑学も。

すべての物事には理由があるんですね。

1年生は授業初日どうだったかな?

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ