オリジナルタンブラー作品展

 

連日猛暑が続いている近畿地方。

室内外を問わず、熱中症に注意して下さいね!!

そんな本日のブログは、デザイン美術学科

林先生から、在学生の学外展示情報です!

 

************************

 

本学デザイン美術学科1回生のペンネーム蒼月@かのんさんが、

7月9日(月)から、大阪市生野区にある

三文アートcafeそらのまめで開催されている

オリジナルタンブラー作品展「Sweet hometown」に

参加しています。

 

あまり聞きなれない名称の展示会ですが、

本作品展で展示されているのは額装した原画2点と

カスタムデザインしたタンブラー2点の合計4点。

 

タンブラーは内側のステンレスと

外側のプラスティックの間に

プリントアウトした作品が いれられるようになっていて、

カスタムデザインできる仕様になっています。

 

 

オリジナルタンブラー作品展「Sweet hometown」

7月9日(月)から22日(日)まで。

時間は、14:00~19:00

火曜日と水曜日は定休日です。

※金曜日は14:00から23:00まで。
※最終日(22日)は18:00までとなっています。

 

三文アートcafeそらのまめ(大阪市生野区生野西1-1-32)
場所はJR環状線寺田町駅北口から北へ徒歩2分。
JRの高架沿いなので、とてもわかりやすいです!

(デザイン美術学科キャラクター・マンガ・フィギュアコース 林日出夫)

 

************************

 

みなさん、ぜひ見に行って下さいね♪

 

伊丹学舎☆展示情報☆

 

今週 月曜日まで行われていた「似顔絵展」!
伊丹学舎本部棟のらせん階段で展示していたので、
目にした学生さんも多いのではないでしょうか?

似顔絵は、デザイン美術学科キャラクターマンガコースの2回生が描いています。
テレビでよく見る芸能人や、本学の教員、職員をリアルに…
あるいはデフォルメして…それぞれの学生さんが描いていました!

 

そして、本日まで!

デザイン美術学科絵画・版画コースの展示

「Passion」が伊丹学舎の展示室で行われています!!

 

 

ずらりと並ぶ作品に圧倒されてしまいますが、

ひとつひとつの作品を見ていくと、

とても見ごたえがありますよ♪

 

先生方の作品も展示されているので、

こちらも必見ですよ!

 

 

大阪芸術大学短期大学部 ホームページ大阪芸術大学短期大学部 ブログ大阪芸術大学短期大学部 保育学科 ホームページ大阪芸術大学短期大学部 保育学科 ブログ

 

 

 

次回、伊丹学舎のオープンキャンパスは7月8日(日)!

四コママンガの掲載!!

 

本日も先生からいただいた、

在校生と卒業生の活躍の様子をご紹介!!

 

***********************

 

河内長野市では市民の健康で快適な生活を保ち、
大切な環境を守って未来に引き継ぐために“河内長野環境基本計画”を策定しています。
その内容を小中学生に知ってもらうために
『マンガで教えて!みんなの環境計画』という冊子をつくっており、
今回そのPart2が完成しました。

Part2では“河内長野環境基本計画”の重点プランのうち
“ごみの3R推進”を四コママンガを交えながら、
わかりやすく紹介しています。

 

掲載されている四コママンガのうち、
15作品を描いたのが本校デザイン美術学科の在校生と卒業生です。

 

リサイクル(再び活用する)は卒業生の勝井優里菜さん、
2年生の森田涼葉さん、金築由衣さん、藤本千晴さん。

 

リデュース(ごみを減らす)は
卒業生の安藤紗矢香さん、伊藤ななさん、松浦礼奈さん、松下朋生さん、
2年生の金築由衣さん、藤本千晴さん、岩佐南穂さん。

 

リユース(繰り返し使う)は卒業生の小田未来さん、
2年生の畠下知世さん。
ごみの分け方・出し方は卒業生の樫山葉月さん、2年生の川口典子さん。
いずれの作品も“河内長野環境基本計画”をカラーで紹介した力作ぞろいです。

 

(投稿:デザイン美術学科キャラクター・マンガ・フィギュアコース林日出夫先生)

 

***********************

 

紹介した冊子はWEB上でご覧いただけます!!

漫画で教えて!みんなの街の環境計画part2(平成29年度作成)(PDF:3.1MB) 】

興味のある方はぜひ一度覗いてみてくださいね!!

 

大阪芸術大学短期大学部 ホームページ大阪芸術大学短期大学部 ブログ大阪芸術大学短期大学部 保育学科 ホームページ(New!)
◆大阪芸術大学短期大学部 保育学科 ブログ(New!)

魅力的な作品探しへ「アートダイブ」

 

今日は良いお天気ですが、明日から週末にかけては雲行きが怪しそう…。
5月20日(日)には、大阪芸術大学(四年制)のオープンキャンパスが開催されます。
編入を考えている学生さんは、ぜひ参加しましょうね!
※伊丹学舎から出る「送迎バス」は事前申し込みが必要です。
利用される学生さんは、就職課まで来て下さい!

 

さて、そんな本日のブログは先生からの投稿。
デザイン美術学科の学生さんが学外イベントに参加したそうです♪

 

***********************

 

4月28日(土)と29日(日・祝)の二日間、

大阪市住之江区のインテックス大阪3号館で、

みんなの手づくりマーケット「アートダイブ」が開催されました。

 

28日のハンドメイドブースに本学デザイン美術学科2年生の

濱田委織さんが友人たちと参加。

ストラップ、缶バッジ、コースター、ポストカードなどの

手づくり作品を販売しました。

 

「アートダイブ」は今回で13回目。

見る、買う、体験するが一度に楽しめるイベントとあって、

会場内は、たくさんの人でにぎわっていました。

 

 

濱田さんは、先月21日に開催された、

アートウェイオオサカ~特別編~アリスと歯車3の

デザイン美術学科キャラクター・マンガ・フィギュアコースの

ブースにも参加していました。

 

本学には、対面販売や委託販売など、

対外的な活動に積極的な学生・OBがたくさんいます。

今後の濱田さんの活躍はもちろん、在校生・卒業生のブランドが

もっともっと広がってほしいものです。

(投稿:デザイン美術学科キャラクター・マンガ・フィギュアコース林日出夫先生)

 

***********************

 

大阪芸術大学短期大学部 ホームページ大阪芸術大学短期大学部 ブログ大阪芸術大学短期大学部 保育学科 ホームページ大阪芸術大学短期大学部 保育学科 ブログ

4コママンガ掲載!

 

先月31日に発行された、

河内長野市農業委員会だより「あぐりん No.130」に、

本学デザイン美術学科2回生・岩佐南穂さんの

4コママンガ『五風十雨 たくさんの喜び』が掲載されました。

 

 

たった4コマでクライアントのニーズを汲み、

表現するのは簡単なことではありません。

 

でも、岩佐さんの作品は育てる喜びから収穫する喜び、

そして消費者の手に届く喜びと、

農業に従事することで得られるさまざまな場面での

感動や満足感を、コンパクトにまとめています。

 

(投稿:デザイン美術学科キャラクター・マンガ・フィギュアコース林日出夫先生)

 

天王寺動物園Together vol.60

 

今朝は、朝から雨が降っています。

比較的気温は高くなってきましたが、

今週は不安定なお天気が続きそうです!

 

さて、そんな本日のブログは、、、

暖かいお天気の日に行きたくなる天王寺動物園!

先月16日に発行された、天王寺動物園新聞

「Together vol.60」についてお届けします♪

 

今回、表紙を飾ったのは、エランドの美少女ミナミ!

昨年の10月から天王寺動物園にやってきたミナミですが、
まだまだ動物園に慣れるための訓練中。
先輩エランドのルティーとも「お見合い」を重ねて、
コミュニケーションをとるようになってきているそうですよ♪

 

 

そして、今回の「芸短生ウォッチ」は、

「韓国人観光客でおおにぎわい グローバル化を実感!」

ということで…

韓国で人気スポットとされている天王寺動物園の

人気の秘密を、調査しています!

 

カバやコアラは、韓国では見られない動物…!

実際に、韓国から来ているお客さんにも

インタビューを実施し、

今までとは、また違った視点から見た、

天王寺動物園の特集になっています♪

 

天王寺動物園新聞Togetherは、大阪府の主要施設や駅などに設置。
毎回、芸短生動物園ウォッチのページを
メディア・芸術学科の学生が担当しています。
学内にも置いていますので、ぜひ手に取ってご覧ください♪

 

 

 

 

 

大阪芸術大学短期大学部 ホームページ

大阪芸術大学短期大学部 ブログ

大阪芸術大学短期大学部 休講情報WEB

 

 

天王寺動物園情報紙 Together vol.59

 

今日のブログは戌年のスタートにふさわしく!?

先月15日に発行された、

天王寺動物園情報紙「Together vol.59」についてお伝えします♪

 

今回、表紙を飾ったのは、チュウゴクオオカミのメラ!
オオカミはイヌと祖先が共通してるんですよ♪
「新年のご挨拶をします」ということで、
チュウゴクオオカミのリーダー格・メラを特集!

 

群れで生活するオオカミには、厳格な順位があって、
動きや表情で優劣を示しているのだそうですよ!

 

 

そして、今回の「芸短生動物園ウォッチ」は…

「行ってきました Halloween Night Zoo」

天王寺動物園では、2年前の夏から普段見ることのできない夜の動物の姿を
楽しんでもらおうと、夜の動物園「ナイトZOO」を開催しています!!

 

今回、学生さんたちが取材にいったのは、
そんなナイトズーの特別イベント、ハロウィンナイトズーです!

 

みなさんは、キウイフルーツの由来になっている
キーウィという鳥をご存知ですか?
キーウィは、夜行性!光を避けて行動します。
昼には見られないキーウィの行動を見られそうです♪
その他、ハロウィン限定でお菓子を配る園長さんなど、
イベントの様子が盛りだくさんです!

 

天王寺動物園新聞Togetherは、大阪府の主要施設や駅などに設置。
毎回、芸短生動物園ウォッチのページを
メディア・芸術学科の学生が担当しています。
学内にも置いていますので、ぜひ手に取ってご覧下さい♪

 

 

 

 

 

大阪芸術大学短期大学部 ホームページ

大阪芸術大学短期大学部 ブログ

大阪芸術大学短期大学部 休講情報WEB

 

チアリーディング日本代表へ

 

11月11日(土)と12日(日)に群馬県でおこなわれた、
「第9回チアリーディング世界選手権大会」で、
本学デザイン美術学科2回生の木村光希さんが
日本代表として出場し、男女混成部門で優勝しました!

 

※「第9回チアリーディング世界選手権大会」は
国際チアリーディング連盟並びに(公社)日本チアリーディング協会主催の大会です。

 

デザイン美術学科の堀野先生から情報を頂き、
木村さんご本人に直撃インタビュー!
詳しくお話を聞いてきましたっ♪

 

ーチアリーディングの日本代表選手に選出された経緯を教えて下さい!
「応募しました!いくつかの試験をして、最終的に19人が選ばれました。
そのうち、大会に出場できるのが16人。
残りの3人は、サポートをしてくれます」
ー学生さんが多いのでしょうか…?
「男女混成で、今回選ばれたのは 高校3年生から26歳までの男女。
日本では、女の子だけのチアが多いですが、いろんな部門があるんですよ!」

 

▲卒業制作展にむけて制作作業中の木村さん

 

私も今回木村さんに取材するに当たって調べ、初めて知ったのですが、
チアリーディングには…、
自由演技競技シニア(16歳以上)
自由演技競技ジュニア2(12~15歳)
自由演技競技ジュニア1(7~12歳)
スモールグループス演技競技 女子部門
スモールグループス演技競技 男女混成部門
チアリーディング・ダブルス
以上の6部門があり、人数や男女で分類されているほか、
年齢によっても細かく部門が分かれているんです!

 

組体操のようなアクロバティックな動きを含む
チアリーディングに対し、チアのダンスだけで競う、
「チアダンス」という部門もあるんです!!

 

ちなみに、競技チアリーディングは技の難易度や完成度に加え、
同調性や、技以外のダンス、表現力などを見られるそうです。
競技時間2分30秒。一時たりとも気が抜けない競技です><!

 

 

ーいつからチアリーディングをやっていたんですか?
「幼稚園から高校まで、ずっと続けてきました。
高校卒業の時に辞めたけど、何か物足りなくって、
今は、週2回 京都のクラブチームでチアを続けています。」

 

ーチアリーディングが出来る大学ではなく、
本学のデザイン美術学科に入学した理由を教えて下さい。
「チアをスパッと辞めて、違う事をしたくて!
絵を描くのが好きだったので、ここに入りました。
でも入学してから机に向かう作業はむいていないなぁと思って(笑)
今は、工芸・立体デザインコースを専攻しています。」

 

 

現在、卒業制作展にむけて、作品の構想を練っているという木村さん!
「詳しくは秘密ですよ(笑)」と言われたので、
どんな作品が出来上がるのか、今から、楽しみにしたいと思います♪

 

 

いずみさのマンガ道場!

 

先週末。流行語大賞が発表されました♪
今年は、よく聞きました「インスタ映え」!
文章よりも写真を重視する!
学生さんたちのスマートフォンにも、
こだわりの写真がたくさん保存されているのでは…?

 

さて、そんな本日のブログは、、、

デザイン美術学科の林先生から頂いた投稿記事です!

学生さんが、マンガ道場の先生に…!?

 

************************

 

11月19日(日)13:00から15:00まで

泉佐野市のレイクアルスタープラザ・

カワサキ生涯学習センターで開催された、

「プロの技を学ぼう!いずみさのマンガ道場」に

本学デザイン美術学科キャラクター・マンガ・フィギュアコース

2回生の樫山葉月さんと、グラフィックデザイン・イラストコース

2回生の竹崎まこさんが講師として参加しました。

 

参加者は、マンガを描くコツやテクニックを学びたい、

大人2人、小学5・6年制13人の合わせて15名。

 

前半の1時間は「キャラクターを創ろう」

ということで 図形から輪郭を、

そしてマンガの手法を使って目や口などのパーツを配置。

 

樫山さんと竹崎さんは、

ホワイトボードを使って見本を描き、

個々の質問にも丁寧に答えていました。

 

後半の1時間は頭身とアクション。

樫山さんは二頭身の、竹崎さんは五頭身のキャラクターを描いて、

ポイントを解説。

 

26日(日)の講座では、

この日に描いたキャラクターを実際に

4コマや見開きの構図で動かし、

マンガにしていきました。

 

普段とは勝手が違うせいか、

ちょっとお疲れの様子でしたが、

2人とも堂に入った講師ぶりでした。

(デザイン美術学科キャラクター・マンガ・フィギュアコース林日出夫先生)

************************

 

人に教えるということは、

本質を理解していないと出来ないことですよね?

「本学で学んでいる事を理解できているか確かめる」

そんな良い機会になったのではないでしょうか?

 

 

「新世代サンデー賞」奨励賞!

 

本日のブログは、、、
デザイン美術学科から届いた嬉しいお知らせ!
11月22日から発売中の「週刊少年サンデー」で発表された、
「新世代サンデー賞」2017年9月期の最終結果発表で、
本学1回生の藤本さんが、奨励賞を受賞しました!!
(>>>新世代サンデー賞ホームページ<<<)

 

 

9月に京都勧業館地下1階みやこメッセで開催された
京都国際マンガ・アニメフェア2017(通称:京まふ)
マンガ出張編集部に参加した藤本さん。
(京まふの様子はこちらから>>>芸短ブログ<<<)
どんな経緯で受賞にいたったのか、お話を聞いてきましたー♪

 

「京まふに参加したとき、まず始めに伺ったのが、
サンデーの編集さんのところでした。
そこで「他の編集を回った後でも良いから この作品を預からせてほしい」
とお話頂き、いくつかの編集の方に意見を聞いてから、
『ティファレトの時計守』を預けることにしました」

 

 

ー夏休み中に描き上げたというこの作品ですが、どんなお話なんですか?
「夏休みと言っても、ギリギリまで忙しくてバタバタしていたので、
ラスト2週間ぐらいで、毎日寝ないで描き上げたという感じです(笑)。
『ティファレトの時計守』のお話は、主人公のエトワールが
ティファレトの時計塔を守る守人を目指しながら、
行方不明になっている祖父を探すという物語です。
おじいちゃんも、元々は時計塔の守人で、
なにか関係があるのではないかと考えるんです!」

 

ー34ページの読み切りマンガとのことですが…
「情報量が多すぎて、読み切りには向かないと
言われたりもしました(笑)」
なるほど!ぎゅーっと凝縮されたお話になっているんですね♪

 

 

受賞の瞬間は、どんな気持ちでしたか…?
…どんな風に発表されるのでしょうか?
「京まふの時にお話しした編集さんからメールで連絡が来ていました。
まだスマホがよく分かっていなくて、メールが来ている事に気付かず…。
気付いた時には、もう賞が確定していて とても驚きました!」

 

ー受賞者には、それぞれに担当さんがつくと書いてありましたが…
「京まふでお話しした編集の方が、そのまま担当さんに。
今は担当さんと話し合いながら、次回作を練っているところです!」
今後の活躍が楽しみな1回生の藤本さん!
まだまだ目が離せません♪

 

 

 

 

大阪芸術大学短期大学部 ホームページ

大阪芸術大学短期大学部 ブログ

大阪芸術大学短期大学部 休講情報WEB