ブログは静止画。

卒業制作2011も終わり、春休みに入った芸短ですが、 

広報学科演技演出コース2年生の学生さんは

卒業公演本番の26日(土)に向けて、 

佳境に入って来ました!! 

第3回卒業公演
 

デザイン美術棟はがらんと静まり返っているのですが、 

メディア・芸術棟からは演者や裏方をする学生さんの

威勢のいい声が聴こえて来てますよ。 

その練習風景と出演者のインタビューが 

地上波で好評オンエア中の「大阪芸大テレビ」で 

今日、17日(木)から随時各テレビ局でオンエアされます! 

第3回卒業公演
 

このブログでも練習風景をたびたび紹介してきましたが、

ブログの写真は静止画…ということで、 

なかなか雰囲気が伝わりにくかったかも。

テレビは動画なので、さらに白熱した

練習風景が伝わるのではないでしょうか。 

ぜひ、ご覧ください◆◇◆ 

第3回卒業公演
 

各テレビ局と放送時間をご確認下さい。

テレビ神奈川 毎週木曜日 深夜1:00~
奈良テレビ  毎週金曜日 夜10:30~
千葉テレビ  毎週金曜日 夜10:15~
サンテレビ  毎週金曜日 深夜0:40~
京都放送   毎週金曜日 深夜0:00~
テレビ和歌山 毎週土曜日 夜11:40~
びわ湖放送  毎週日曜日 深夜0:30~
北陸朝日放送 毎週金曜日 深夜1:35~

 

大阪芸大テレビについてはこちらから 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ  

一番確実な男。

舞台制作演習Ⅱの授業に行ってきました!

この授業では、卒業公演に向けて

小道具の制作や効果音などの音作りが行われており、

役者として卒業公演の舞台に立つ学生さんも多く履修している授業です。

舞台制作演習
 

こちらも役者としても舞台に立つ、笠原くん。

役者だけにしとくのはもったいないくらい手先が器用で

小道具作っているときは、「一番確実な男。」と

担当の濱野先生に呼ばれていました(笑)

小道具作りのとなりの部屋からはミシンの音が。 

舞台制作演習
 

覗いてみると、こちらも役者として舞台に立つ、藤田さん。

剣舞のときに頭に巻くハチマキを自分で縫っています。

人に作ってもらったものを巻くよりも

縫っている間にも自分で役への気持ちを込めているので 

力の入った演技ができそうですよね。

舞台制作演習
 

もちろん、音作りにも役者さんたちが参加してます。

どのタイミングでどんな音があったらいいのか? 

台本を読み込んで、練習している役者さんが

演出のさとう先生に一番近いイメージができてるのかも。 

役者さんでも、小道具のこと照明のこと音響のこと…

舞台に関わることはすべて知っておきたいですよね。

また自分で関わったからこそ、役者として演じていても 

小道具の一つ一つにも愛着を感じられる

素敵な舞台になると思いますよ◆◇◆ 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

覚悟してください。

昨日、7日(火)の午前中に学生さんたちと一緒に

みつなかホールに行ってきました。

みつなかホール
 

みつなかホールとは、伊丹学舍のある伊丹市の

おとなり川西市にある、音楽主体のホールで

第1回から卒業公演の舞台であり、 

今年度、第3回卒業公演が行われる場所でもあります! 

卒業公演のスタッフをしてくれている

1年生の3人でみつなかホールのスタッフさんに 

ごあいさつをして、ポスターとチラシを手渡しました。

みつなかホール
 

さらに、 他の卒業公演スタッフよりも一足先に

ホールの中を見せてもらいましたよ。

去年の卒業公演は見ていない、という3人は

ホールに入るなり、その舞台の広さと照明器具の高さに絶句。

思わず、照明を調節するときに使う作業台を探してました(笑) 

学校で使ってるジニーという移動式高所作業台ではなかったのですが、

梯子ではないと確認して一安心といったところでしょうか? 

(照明を調節するときに高い梯子を使ってるところもあるんです。) 

みつなかホール
 

何もない舞台はとっても広々としているんですが、

舞台セットや大道具が並ぶと、途端に狭く感じるんです…

まだ大きな舞台を経験していない1年生には 

あの舞台裏の騒然とした様子は想像しずらいでしょうね。

ぜひ、覚悟しておいてもらいましょう(笑)  

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ  

派手派手しい。

今年度、広報学科演技・演出コースの卒業公演に使われる、 

チラシが出来上がって、学校に届きました!!
天平からのラブレター
 
赤が目を惹く、このチラシのデザインをしてくれたのは

デザイン美術学科キャラクター造形コース2年生の山口ひかるさん。

「天平からのラブレター」というタイトルから

真っ先に思い浮かんだのは、

日本昔ばなしのオープニングに出てくるような

雲のデザインだった、という山口さん。

その雲を背景に、もみじが緑から赤に染まるような色の構成になっているそう。

天平からのラブレター
 

普段はキャラクター造形コースで描いていて、 

パソコンで画像処理したのは初体験。 

初めはなかなか上手く扱えなかったけど、

優秀なパソコンソフトに助けられたのだとか。 

最後に伊丹学舎のあちこちに貼られたポスターの感想を聞いてみると、

「派手派手しいですよね…(笑)

大きくすればするほど絵が荒くなるので

遠目から目を細めて見てください。」と笑ってました。 

天平からのラブレター
天平からのラブレター

卒業後はアニメ会社の就職を目指しているという山口さん、

ちょうど明日が面接ということで、

「このチラシのデザインは私です!」と

自分を売り込む武器にして欲しいですね。 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

100%スタート発進。

だんだん、キャンパス内の木々も

緑から赤色に染まり、秋というか冬…というくらいに

上着なしで廊下を歩くには寒くなって来ましたね。 

まだシャツくらいの上着の学生さんもいれば、

ダウンジャケットの学生さんもいたりで、この時期

どんな上着を着たらいいのか悩んでいる、伊丹学舍です。 

卒業公演集合写真
 

卒業公演の集合写真を撮って来ました!! 

残念ながら、全員集合ではないのですが、

並び方や決めポーズもとってもらったので 

ちょっとだけ雰囲気が伝わるでしょうか?

演劇上演演習
 

前回の卒公に関するブログでは、台本が配られて、

配役が決まったという記事だったと思います。

昨日の演劇上演演習での稽古風景を見ていると、

すでに台本が頭に入っている学生さんも多く、 

今週から早くも週末稽古の予定も入っているようですよ。 

演劇上演演習
 

学生さんの表情も真剣そのものという感じで、 

スタートから100%発進ですね。

舞台制作など裏方の学生さんも動き始めたようで 

これからの仕上がり具合が楽しみになりました。 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ  

ドキドキの配役発表。

昨日、広報学科演技演出コースの

演劇上演演習の授業で来年2月末に予定されている、

第3回卒業公演の台本が配られると聞いて、

台本を受け取る学生さんの表情をカメラに収めるべく

ブログの取材に行って来ました!!

演劇上演演習
 

今年の台本カラーはブルーにシルバー文字。

「天平からのラブレター」と題された、

バックの紅葉は何を意味するのか??

すごく楽しみです♪♪♪ 

台本を渡されるとすぐに開いて、

夢中で読む学生さんの姿はみんな興奮気味。

演劇上演演習
 

これからどんどん書き込みされて

自分だけのオリジナル台本になっていくんだろうな。

卒業公演が終わる頃には、

思い出がたくさん詰まった宝物になってます。 

演劇上演演習
 

台本の配布と同時に配役の発表もされ、

ドキドキした空気が流れていましたよ。 

ときには、歓声が湧いたり、笑い声が起こったり。 

なかには3役に挑戦する学生さんもいて、

これから役作りに忙しくなりそうですね。 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

演技している自分。

昨日がとても暖かかったので、春気分で服を着ると、

若干、肌寒い伊丹学舎からお届けします。

久しぶりに広報棟の方から賑やかな声が聞こえてきましたよ!

今日は朝9:30〜と昼1:30〜の2回にわけて

卒業公演「真夏の夜のアリス」上映会がありました。

真夏の夜のアリス 上映会

この上映会は役者として舞台に立っていた

学生さんのために開催されたもの。

自分が舞台に立っていると、舞台は見れませんからね。

上映中にも自分の出演場面に恥ずかしそうにしたり、

友達の出演場面で笑ったり、ツッコミが入ったり、

とっても賑やかな上映会でしたよ。

役者さんとしては、純粋に上映を楽しむだけではなく

自分の演技が客観的にどう見えているのか?

ということが気になるところでしょうか。

また、卒業公演が終わって約半月経ちますが

DVDを観ている学生さんの顔がみんな穏やかだったので、

本当に楽しかったんだな〜ということと

どこか懐かしむような、寂しいような空気も伝わってきました。

真夏の夜のアリス 上映会

広報学科 演劇・演技演出コースの学生さんの

2年生後期は卒業公演一色だった、

と言っても過言ではないのでしょうか。

全力で駆け抜けた、この半年間が学生さんの

生涯のかけがえのない宝物になったのだと思います。

卒業した後も、この半年間を思い出して

大きな一歩を前に踏み出せる人になって欲しいですね。

 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ  

祈る眼差しの先。

2月27日(土)、感動の涙とともに、

広報学科演劇・演技演出コース

第2回卒業公演が幕を閉じました!

沢山のご来場ありがとうございました。

卒業公演

プレビュー(本番同様に行うリハーサル)では、

リラックスして、裏では笑顔を見せてくれた役者さんたち。

さすがに、本番の舞台では緊張したようで

どんどん口数が減り、顔に緊張の色が広がるのを

初めて隣で目の当たりにしました。

ちょっとしたハプニングもありつつも

役者さんたちの機転により、乗り越えることができましたよ。

卒業公演

ハプニングが起きたとき、どうしたらフォローできるのか?

ここだけを見ても、学生さんたちの成長ぶりが

以前と比べて明らかである、証拠です。

また、裏で出番を待つ役者さんたちが入れ替わり立ち替わりで

祈るように舞台のモニターを見ていたのがとても印象的でした。

卒業公演

みんな、自分のことだけではなく、

力を合わせて舞台を成功させるべく、

眼差しは一点を見つめてブレていないのでした。

最後、感動のフィナーレではキラリと輝くものが頬をつたい

客席からも、目頭を拭う姿が見受けられましたよ。

人の心を動かすというのは、本当にすごいこと。

そのことを学生さんたちには誇りに思って欲しいです。

卒業公演

学生さんから自然と流れた涙は、満たされた気持ちから?

それとも、最後となってしまう寂しさからでしょうか?

それは、本人たちにしかわからないこと。

今回の卒業公演を通して、学生さんたちは

計り知れないくらいの可能性を見せてくれました。

今後、役者の道に進む人もそうでない人も

大きなターニングポイントとなったのではないでしょうか。

 

卒業公演についての詳細はこちらから

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

昨日の顔と今日の顔。

昨日のみつなかホール入りの様子をお伝えします!

昨日は朝9:00〜 役者、裏方ともに

みつなかホールに入り、本番に向けて

舞台セッティングから照明位置の確認、

音響の調整が夜遅くまで行われました。

裏の楽屋では衣装、かつら、舞台化粧の

最終チェックが行われていましたよ。
卒業公演 みつなかホール入り

楽屋から溢れんばかりの役者さんたちが

人波を縫うように、行ったり来たり…

忙しなく動き、いよいよ緊張の顔つきです。

美術小道具さんも舞台セッティングの裏で

ギリギリまで小道具作りが終わらず、

今日も小道具作りが続けられる予定。

本当に日に日にといった感じで学生さんたちの

顔つきが変わっていき、感心させられます。

今日も昨日とは違う顔つきになっているのでしょうか?
卒業公演 みつなかホール入り

ここで、ちょっと豆知識です!

今回、卒業公演の発表舞台となる

みつなかホールは兵庫県川西市にあります。

平安時代中期の武将、源満仲が

武士団を形成した地であることから

みつなかホールと名付けられたそう。

建物の形も遠くから見ると、兜型になっているんですよ! 

JR川西池田駅には勇ましい源満仲の像もあるのでご覧あれ。

卒業公演 みつなかホール入り

今日はあいにくの雨模様…明日の本番も

怪しい雲行きですが、そんなの吹き飛ばすくらい

学生さんたちは練習に励んでいるので

みなさんお誘い合わせの上、観に来て下さいね!

卒業公演関係者一同、お待ちしております

 

卒業公演についての詳細はこちらから

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

演劇漬け。

いよいよ今週土曜日の卒業公演まで

指折り数えるほどの日数となりました。

先日、体育館に組まれたセットで

毎日何時間も練習が行われています!!

体育館設営の様子はこちらから

演劇・演技演出コースの学生さんたちは

まさに演劇漬けのハードな毎日。
卒業公演 体育館稽古

やっぱり、広報棟の教室で稽古するのとは

雰囲気が全然違いますね。

十分な広さがあるのでみんなの動きも大きく、

のびのびと動けているように見えます。

卒業公演 体育館稽古

実際の広さで稽古しなければ、

自分がどこまで動けるのか、動かなければならないのか

演者たちの立ち位置も確認できませんからね。

学生さんたちの顔つきも練習開始当初に比べ

本番に向けてどんどん凛々しくなっていている気がします。

卒業公演 体育館稽古

さらに今日からは、練習の場所を移動して

本番の舞台である、みつなかホールで練習が行われます!!

今から、そちらの取材に行ってくるので

明日は公演直前の様子をお伝えしますね 

 

卒業公演についての詳細はこちらから

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ