先生と学生さんの癒し。

教養課程で生物学を教えている、

福井先生が昨日のブログを見て

「あのキノコ、たぶん毒キノコだよ。」と

わざわざ知らせに来てくれました、伊丹学舍です。 

ものすごい勢いで繁殖していますが、

学生さんはお腹空いても採って食べたりしないように(笑)

運動会の練習
 

来週11日は体育の日、ということで、

近々、運動会が予定されている学校も多いのでは?

芸短には5月に球技大会がありますが、

残念ながら運動会というのはありません。

今月は芸短祭の準備に慌ただしく、それどころではないのですが…

変わり?といってはなんですが、

伊丹学舍の芝生では只今、近隣幼稚園の運動会の練習が

ほぼ毎日行われています。 (本番はまさに10/11体育の日!) 

運動会の練習
 

組体操まであるみたいで 、かなり熱心に練習しており、

みんな掛け声や返事がしっかりしています。

幼稚園生にもなると、結構しっかりしているのですね。 

そんな姿に癒されている学生さんや先生も多いのでは? 

明日は雨予報だけど、本番には晴れるように

てるてる坊主作らなきゃ。 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ     

ガラスの夏は暑い。

今年は秋服の出番があるのかな?と、

心配している芸短ブログです。

相も変わらず、暑い日が続いております。

暑い日…というか、芸短両学舎を合わせても

一番暑い部屋はおそらくガラス工芸実習室。

この部屋に入った後は、35℃を越す外の気温が涼しく感じられます(笑)

ガラス工芸実習室

冬には温もりを求めて、わざとガラス工芸実習室の前を

通ったりもしますが、夏には避けたい場所…

ガラス溶解炉の中は1000℃を越すため、

部屋は50℃近くなることもあるんですよ。

ガラス工芸作家さんたちは過酷な状況でお仕事されているのです。

ガラス工芸実習室

ガラス工芸実習室

壁に穴をあけていく様子はなんとも痛々しい感じでしたが、 

少しでも風通しが良くなって、作業しやすくするために、

大きな換気扇が2つ設置されました!

残念ながら、現在夏休み中のため溶解炉も機能していないので

どのくらい改善されているのかわからないのですが…

学生さんが今よりもっと作業しやすい環境になってるといいな。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

緋田先生と豆の木。

9月に突入しました!!

と、言っても相変わらずの猛暑が続き、

今年は秋があるのかな?と心配しています…

休み中にもちょくちょく学校で見かけていた学生さんも

昨日からリーダースキャンプへ行っているせいか、

とっても静かな学内です。

先日、芸大ブログで芸大にいる動物たちを紹介していたので、

今日は芸短にいる生き物を紹介しますね!!

メディア・芸術棟 中庭

メディア・芸術棟の中庭を優雅に泳ぐ鯉たち。

連日の猛暑で池の水は完全に暖まっていると思われます。

心なしか、 鯉たちの動きが鈍い…

鯉も水温が上昇するとあんまり動きたくないのでしょうか?

メディア・芸術棟 中庭

そして、同じく中庭で発見した“なた豆”。

夏前にはなかったはずなのですが、

「なた豆」と書かれた木のプレートまでおいてありました。

2階の渡り廊下に竹がくくりつけられており、

竹に絡まりつつツルが伸びていましたよ。

この手のこみよう…未確認ですが、

去年もなた豆を植えようと試みていたので

デザイン美術学科の緋田先生が植えたに違いないです(笑)

しぼみかけですが、花も咲いていましたよ。

メディア・芸術棟 中庭

一時に比べて、蝉の声もだいぶ小さくなり、

姿を探してみたのですが、残念ながら見つかりませんでした。

暑いといっても、やっぱり夏は終わりに近づいてるのかな。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

芝生でお昼寝。

こんにちは、伊丹学舍です。

広がる芝生が自慢の伊丹学舍では、

今の時期の芝生が緑が深くて一番キレイ。

伊丹学舍 キャンパスウォッチ

芝生に寝転んで日向ぼっこしたい所ですが、

連日の猛暑でそれもなかなか厳しいのが現状です。

ときどきスプリンクラーが回っているのですが、

スプリンクラーが届かないところの芝生は

明らかに元気がなく、可哀想なことになっています…

伊丹学舍 キャンパスウォッチ

トイレ改装工事中の現場の職人さんは

お昼休みに木陰でお昼寝。

写真では気持ち良さそうですが、かなり暑いです。

熱中症にはくれぐれも気をつけてくださいね。

伊丹学舍 キャンパスウォッチ

去年もブログで紹介した、なぜか南門に咲く1本の百合。

今年も咲いていましたよ。

私より背が高くてローアングルからの撮影。

なんか去年より背が伸びている気がします。

以上、伊丹学舍からキャンパスウォッチをお届けしました!!

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

トイレにいっといれ。

伊丹学舍では、トイレの改装工事中です。

本部棟一部のトイレは2年ほど前にすでに改装済みなのですが、

今回は伊丹学舍のほぼすべてのトイレが

洋式ウォシュレット付きに改装されます!
(和式トイレ派さんのために和式トイレも一部残りますよ!)

トイレ改装中

暖房便座付きが寒い冬には嬉しいです。

今日までデザイン美術棟の工事で

明日からメディア・芸術棟の工事が始まりますよ。

改装工事中にはトイレ使用が禁止となってしまうため、

最近はメディア・芸術棟では普段見かけない、

デザイン美術学科の副手さんに偶然遭遇したりして

なんだか新鮮でした。

トイレ改装中

きっと一番大変だったのは、実習棟2階からの移動…

実習棟にはトイレがないので、いつも最短距離のデザイン美術棟

1階のトイレに行っていたと思うのですが、

今日まで改装中でデザイン美術棟のトイレが使えなかったので

最短距離でもメディア・芸術棟の1階のトイレ。

微妙な距離感を感じます。

後期授業開始の9月24日(金)までには

学生さんたちに快適なトイレライフが提供できそうですよ(笑)

 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

ジニーちょっと来て!

伊丹学舎メディア・芸術棟テレビスタジオに

アメリカ製Genie社のGenie Awp-30sが

新しく仲間入りしました!

Genie Awp-30s

いわゆる『移動式高所作業台』と言われるもの。

業界では“ジニー”と呼ばれているそうです。

外国の女の子みたいな名前…

「ちょとここにジニー持って来て!」という感じで使われます。

この30sは約9m上まであがり、作業することができ、

芸短のテレビスタジオなら、天井いっぱいまで。

上がったままの照明でもラクラク届きます。

Genie Awp-30s

作業する前は作業前点検をしてから、

安全帯、ヘルメットの着用が必須。

使う学生さんには事前講習が必要となるそうです。

ジニー初乗りはメディア・芸術学科の廣川先生。

Genie Awp-30s

「結構揺れる!降りるの早い!」と感想を言われてましたよ。

学生さんの中には、脚立で上がるのも恐いという

高所恐怖症の学生さんもいるみたいですが、

後期からの授業ではジニーが新たな試練となりそうですね。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

自慢の宝物。

前期の授業は今週で終わります。

ということで、前期の授業はとりあえず今週で終わり。

毎週会っていた先生とも

夏休みに入ると、しばらく会えなくなります…。

なかには、前期の授業しか受け持っていない先生もおられるので

話したいことや、伝えたいことがあれば今のうちですよ。

龍悦代先生

第2回キャンパス見学会でミュージカル「コーラスライン」を

披露してくれたミュージカル研究Ⅱの授業を担当しておられた

龍 悦代先生も前期のみの授業。

今日の朝、「最後の授業に行ってきます〜!」と

事務局に寄ってくれたのですが、

授業が終わった、お昼の帰り際に、

「そのまま帰るつもりだったけど自慢したくて、また来たわ!」

と満面笑みで再び事務局に訪れた龍先生。

大事そうに開けかかった包装紙を持って

中から取り出してくれたのがこれ。

龍悦代先生

学生さんにコーラスラインの発表が終わった後に

記念撮影した写真入りの世界で1つの

手作り写真立てをプレゼントしてもらったのだとか。

「すごく短い時間だったのに、

こんなのプレゼントしてくれるなんて嬉しい!!」

と、自慢されました(笑)

うらやましいですよ、龍先生。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

タタタタタタタ七夕。

年に1度、天の川を隔てて引き離された

織り姫様と彦星様が会うことが許された日。

今日は七夕です。

残念ながら伊丹学舍では、

先ほどから急速に雲行きが怪しくなってます。

七夕

喫茶SILPOには笹が立てかけられ、

そこに学生さんの願いが書かれた短冊がぶら下がっていました。

2年生のものだと思われる、

「就職できますように。」という短冊から

「何とかしてください。」という切羽詰まったものまで。

何をどう何とかしたらいいのか、神様も困るはず(笑)

七夕

もちろん、七夕恒例の浴衣姿の学生さんも。

自分たちで雑誌を見ながら着付けたのだそう。

芸短では、ピンクの花柄が今年の人気色でしたよ。

メディア・芸術棟、前のベンチには

北斗の拳…ではなく、よく見る学生さんの似顔絵が。

七夕

タタタタタタ…の文字の中には

さらに学生さんの願いが書き込められています。

北斗の拳の必殺技と七夕がかけてあるんだ!

と、気付くのに時間がかかりました(笑)

学生さんは面白くて新しいことを考える名人揃い。

どうやら今週末の土曜日には軽音部主催の

七夕ライブも企画されているみたいですよ◆◇◆

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

天に伸びる手。

ギリギリ晴れている、梅雨入り前の伊丹学舍です。

久しぶりに「芸短は美術館。」…と題して

伊丹学舎内にある卒業生がおいていったと

思われる作品を紹介したいと思います!

シリーズ第3弾、今日の注目スポットは実習棟の裏です。

実は学内でも作品が並ぶ数はピカイチ。

芸短は美術館

たまご?らしきものを握った大きな手、

そしてその奥にはビックリした顔の人の頭です。

なんとも言えない表情が思わずカメラのシャッターを押させます。

芸短は美術館

5つの角も生えています。

明らかに不自然な作品が自然に溶け込んでいます。

緑が生い茂る木が並び、幻想的。

芸短は美術館

なんと言っても、実習棟の裏には神(?)らしき人が。

胸…というか腰のあたりで腕を組んだ姿は神々しい、

というかちょっと恐いです。

結構大きさもあるので、夜見るとさらに迫力アップ。

また、下から天に伸びた数本の腕は

同じ作品なのか、違う作品なのか…

天に伸びる腕に人が怯えている様にもみえます。

ここのスポットには、まだまだ作品が並んでいるので

探検気分で見に行ってみてね。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

うえから目線。

複雑で迷路のような伊丹学舍は、いかにも芸術大学といった建物。

その外観の全貌をお伝えするべく、

できる限り、上からの目線で撮影してきました!

ちなみに学生さんは入れない所からなので

撮影ポイントは探さないで下さい(笑)
上から目線
 

右下に見える白いのがメディア・芸術棟のシンボル、

パラボラアンテナよりも上から本部棟を激写。

湾曲しているガラス張りところは、 1階が食堂で

2階が学生のみなさんが待ち合わせしたり、 ご飯を食べたりと

憩いの場になっているラウンジです。

ガラス張りなので、太陽の光が気持ちいい場所。

三角屋根が部室棟で各クラブの部室があります。

上から目線

右奥に見えるのがメディア・芸術棟。  

1階に放送系が使用する本格的なTVスタジオがあり、

2階にTVスタジオの調整室(サブ) や本格的な音声スタジオ。

4階には舞台芸術コース身体表現系が使用する

床が板張りで一面全身鏡の教室があります。
上から目線
 

デザイン・美術棟と実習棟はローアングルで芝生に寝転んで撮影。

主に1階が工芸コースや立体造形コースの実習室があり、

2階がスペースデザインコースとビジュアルデザインコースの

研究室、実習室、映像実習室が並びます。

3階は版画コースの実習室とコンピュータ室。

4階は絵画コースの実習室と各階絵の具やインク、土と独特の匂いがするのが特徴。

左に見える実習棟にはキャラクター造形コースの実習室があり、

新しいので、とってもキレイなんですよ!

とても新鮮な角度から見る伊丹学舎でした。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ