本を眺める。

今日は昨日の映画に引き続き、

伊丹学舍図書館の柴田さんオススメの本を紹介します!

1冊目の本は


成りあがり―矢沢永吉激論集 (角川文庫 緑 483-1)
成りあがり―矢沢永吉激論集
矢沢 永吉

角川書店 1980-11

Amazonで詳しく見るbyG-Tools

全編にわたって、いわゆる「矢沢節」のオンパレードです。

目の前で本人が語っているかのようです。

ナルチシズム一辺倒ではなく、意外と冷静な自己分析(?)も

見せたりして、皆がイメージする「矢沢永吉」とは

また違った一面を感じさせてくれます。

不遇時代から栄光を掴むまで…、

「エーちゃん」の若き日の激白書です。

2冊目は


シアター! (メディアワークス文庫)

シアター! (メディアワークス文庫)
有川 浩

アスキー・メディアワークス
2009-12-16

Amazonで詳しく見るbyG-Tools

有川先生は最近、大注目の作家さんですね。

解散の危機が迫る、人気はあるけどお金がない

小劇団「シアターフラッグ」。

魅力的なキャラクターたちが劇団存続のため奮闘します。

ちょっと恋心なんかも絡んできて、

途中で止められない面白さです。

3冊目は

「アンセル・アダムスの写真集ーアメリカの原風景」と

「ウジェーヌ・アジェ写真集」


ウジェーヌ・アジェ写真集
ウジェーヌ・アジェ写真集
ウジェーヌ・アジェ

岩波書店 2004-02-18

Amazonで詳しく見るbyG-Tools

本というと真っ先に「読む」という行為を思い浮べますが、

「眺める」という楽しみ方もありますよね。

写真集などは、まさにそれでしょう。

ここに挙げた2冊は全く雰囲気も作風も異なる写真集ですが、

それぞれに独自の空気感を漂わせています。

皆さんもモノクロ風景の世界にぜひ癒されて下さい。

みなさん、読み終わったあとには

書評・映画レビュー 大賞への応募もお忘れなく(笑)

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

魅惑の往年スター。

夏休みに入り、学生さんの姿も

あまり見かけなくなって寂しい、伊丹学舍です。

さて、学生さんはどんな夏休みを過ごしていますか?

映画好きな学生さんが多いので

この夏の長期休暇を利用して、

気になってた映画をまとめて観る、

なんて学生さんもいるのでは??

今日は伊丹学舍図書館の柴田さんに

オススメの映画を聞いてきました!

柴田さんのオススメはこの3本。



ハスラー [DVD]

ハスラー  1961年

20世紀 フォックス ホーム
エンターテイメント

ロバート・ロッセン/監督
ポール・ニューマン/出演

Amazonで詳しく見るbyG-Tools


理由なき反抗 特別版 [DVD]

理由なき反抗  1955年

ワーナー・ホーム・ビデオ

ニコラス・レイ/監督
ジェームス・ディーン/出演

Amazonで詳しく見る
byG-Tools


大脱走 [DVD]

大脱走  1963年

20世紀フォックス・ホーム・
エンターテイメント・ジャパン

ジョン・スタージェス/監督
スティーヴ・マックィーン/出演

Amazonで詳しく見る
byG-Tools

「今回は、往年のスターの作品を集めてみました。

残念ながら3人とも天国に逝かれてしまいましたが…、

映画の中ではとびきり若いです。

そして何よりも『カッコいい』のです。

何気ない仕草からも、今の俳優さんにはない

『カッコよさ』がきっと見つかるハズです。」

この3本は観たことなくてもタイトルくらい

耳にしたことがあるのでは?

この3本がなぜ未だに名作と言われているのか、

ぜひ、それを自分の目で確認してみて下さい。

今年もまた、書評・映画レビュー大賞への

エントリーも10月末まで受け付けてます。

観るだけじゃなく、ぜひみんなに紹介してみよう。

明日はオススメの本を紹介しますね!

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

マイケル不動人気。

昨日の図書に引き続き今日は、 

今年度、図書館で最も借りられたDVDを紹介します! 

今年度DVD貸出しNo.1はケニー・オルテガ監督の

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」という結果に。


マイケル・ジャクソン THIS IS IT コレクターズ・エディション (1枚組) [DVD]
マイケル・ジャクソン THIS IS IT

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2010-10-27

Amazonで詳しく見るbyG-Tools

芸短にもマイケルファンは多いですからね。

ファンというほどでも…という学生さんも 

イベントプランニング、演出、芸術方面から観ても

見応え十分な内容なので、ぜひ観て欲しい作品です。 


蜷川幸雄×藤原竜也×鈴木杏 ロミオとジュリエット [DVD]

蜷川幸雄×藤原竜也×鈴木杏 ロミオとジュリエット [DVD]


演劇 W.シェイクスピア
ホリプロ 2005-07-06

 

Amazonで詳しく見るbyG-Tools

No.2は蜷川幸雄演出の「ロミオとジュリエット」。

そしてなんとNo.3は宝塚歌劇団星組による

「ロミオとジュリエット」。

演出、役者は違うけれども、

「ロミオとジュリエット」がWランクインです。 

演出が違う、同じ話を観ながら双方を 

比べてみるのも面白いかもしれませんね。 


ピンポン [DVD]
ピンポン [DVD]

角川エンタテインメント 2008-10-24

Amazonで詳しく見るbyG-Tools

また他にもThe Walt Disneyの「美女と野獣」や

曽利文彦監督の「ピンポン」など

懐かしの映画もランクインしていました。

好きな映画は何度観ても飽きませんよね。

ちょうど春休みということで、

懐かしの映画や最新作を観るのはどうでしょう?

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

今年度No.1本を告白。

伊丹学舍図書館の蔵書点検も終わり、

今日から図書館が開館しています。 

ということで、今日は今年度伊丹学舍図書館で

最も借りられた図書をご紹介したいと思います!

なんと、今年も昨年度に引き続き、

湊かなえ著の「告白」が最も借りられた図書No.1という結果に。


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
湊 かなえ
双葉社 2010-04-08

Amazonで詳しく見るbyG-Tools

映画公開もしたし、日本アカデミー賞でも

話題だったので、原作が気になって

借りた人が多かったのかな?

2位は村上春樹著の「1Q84 Book1」。


1Q84 BOOK 1
1Q84 BOOK 1
村上 春樹
新潮社 2009-05-29

Amazonで詳しく見るbyG-Tools

Book3が次点の3位だったので、

Book3発売前に借りた人が多かったみたいです。

でも、Book2がTOP10にも入って来ないが不思議…(笑) 

4位はこれまた映画化が予定されている、

夏川草介著の「神様のカルテ」。

映画化原作が根強い人気という結果が印象的でした。 


文字とビジュアルのいい関係グラフィックス

文字とビジュアルのいい関係グラフィックス

ピエブックス 2008-08

Amazonで詳しく見るbyG-Tools

他にTOP10以内には、斉藤香編の

「文字とビジュアルのいい関係グラフィックス」や

デービッド・カーター著の「蝶と蛾の写真図鑑」など

芸術大学ならではの図書も入っていましたよ。 

ちなみに文庫では、小山宙哉著の「宇宙兄弟」と

尾田栄一郎著の「ONE PIECE」の漫画一騎打ちでした。 

明日は最も借りられたDVDを紹介しますね◆◇◆

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

金先生へ提案。

こんにちは、伊丹学舍です◆◇◆ 

図書館となりにある、視聴覚室の

プロジェクターが新しくなりました! 

視聴覚室
 

今まで使っていたプロジェクターは

信号のような3色の光から1つの映像を出す、 

今ではちょっと見かけない、

レトロ(笑)なプロジェクターでしたが、

1つの光で映像を出す、最新式に。 

大きさは3分の1で性能は約5倍だそうです。 

視聴覚室
視聴覚室

そのレトロなプロジェクターが

平成6年に入って来たものだったらしいので、

約17年ぶりのリニューアル。

写真では違いが分かりづらいのですが、

特に明るいところで観る映像は一目瞭然です。  

17年の間で電化製品は急速に発展を成し遂げています(笑) 

視聴覚室
 

これで、さらに鮮明な映像が映し出せるので

ちょっとしたミニシアターの雰囲気。 

そうだ、メディア・芸術学科メディアコース

映像系の作品鑑賞会なんてどうですか、金先生? 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ  

80年代のしおり。

3月3日(木)ひな祭りである今日、 

午前中は雪が舞っていた、伊丹学舍です!

本当に春はやってくるのか、心配…

蔵書点検
 

今日は図書館の蔵書点検の風景をお伝えします。

毎年恒例、新年度との入れ替わりである

この時期に行われる図書館の大仕事。

ポータブルターミナル(POT)という携帯用端末機を使って

1冊1冊に貼られているバーコードを読み取っていきます。

ちょっとだけ体験させてもらいました。 

蔵書点検
 

本棚の上方にある本や片手では持てない大きな写真集は

取り出すだけでも一苦労なんだとか。

しかも、伊丹学舍所蔵の本は約58000冊。

もちろん毎年増え続けており、

去年より仕事も増えているってことです(笑) 

蔵書点検
 

今年も図書館の職員はジャンバーにマスク、

軍手もしくは指サックといった蔵書点検の必需品3点セット。

蔵書点検中に何か面白い発見とかないですか?と、

図書館の職員さんに聞いてみると、

「本の貸出時に返却日が記入された

しおりを挿んで本を渡しているのですが、

数年前の蔵書点検のときに、80年代の日付が入った

かなり年代物のしおりが出てきたことがあります(笑)」

蔵書点検
 

実はそのしおり、もとにあった本に

こっそり戻して、分からなくなってしまったそう。 

借りた本に80年代のしおりが入っていたら、

ブログ担当まで一報下さい(笑) 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ   

あの人と出会いたい。

第2回書評・映画レビュー大賞受賞作品が

掲載された『短評』No.2が発行されました!

→授賞式の様子はこちらから

短評 No.2
短評 No.2

前回のNo.1に引き続き、今回の表紙も

保育学科の田中健司先生のスケッチ画です。

伊丹学舍の図書館がスケッチされているのかな?

なんだか、とても見覚えのある風景が描かれています。

図書の部で大賞を受賞した、 

ビジネス学科1年生の小田泰隆くんの文章は

正直であるという事は人を傷つけるもの。

人を傷つけないために自分を誤摩化すのは誠実ではない…と 

「誠実」ということについて真剣に向き合っているし、 

映画の部で大賞を受賞した、 

経営デザイン学科2年生の森本雄くんの文章には 

自分の道を自分の意志で決め、自分の足で進むということ、

争いによって引き裂かれる絆について触れています。  

その他の優秀賞の学生さんの文章からも

たくさんのメッセージが伝わってきましたよ。

短評 No.2
短評 No.2

こういう風に本を読んだり映画を観たあと、

物語の中の人たちと出会った気分になります。 

新しいことでも始めないかぎり、

なかなか人と出会う機会って少ないのですが、

本を読んだり映画を観るのは空いてる時間にできます。

こうやってたくさんの人に出会って(読んだり観たりして)

学生さんには豊かな感情を身につけて行って欲しいな。 

 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ   

芸短の深イイ話。

本日は8日土曜日ですが、

月曜の振替授業日となってます、芸短です。

大阪学舍図書館には「藤井美可子文庫」という

大型絵本64冊を収蔵されている書架があります。

藤井美可子文庫藤井美可子文庫

この絵本は一昨年の夏に実習中に交通事故で急逝された

保育学科の藤井美可子さんのご両親から学院に

寄付されたお金で購入されたもの。

当時の藤井さんは女子柔道部の有能な選手であり、

とてもシャイな学生さんで良く図書館を利用されていたそうです。

 

そういったことからご両親の希望もあり、

当時の保育学科長であった渡邉純先生(現:大阪芸術大学初等芸術教育学科長)から

大型絵本の購入の申し出があり、

購入した大型絵本は証として、藤井さんのお名前を冠することになりました。

 

そして現在、「藤井美可子文庫」は、

保育学科の学生さんたちに保育実習などで

貸出中の本に予約待ちが出るほど引っ張りだこなのだとか。

公立図書館でも大型絵本を64冊も所蔵する図書館は少ないそうで

本当に貴重な本を頂いたと感謝されています。

 

大型絵本の重さはなんと1冊3kg以上。

大きさは縦横ともに50cm以上、通常サイズ約4倍の大きな本で

大阪学舍図書館では専用書架、専用貸出カバンを用意されています。

 

特に保育学科の学生さんには、

この絵本を実習でたくさん利用してもらって 

亡くなった藤井さんの分まで素敵な保育士さんになって欲しいな。

芸短の“深イイ話”でした。 

(投稿:大阪芸術大学短期大学部 大阪学舍図書館)

 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

読正月、観正月。

第2回書評・映画レビュー大賞の受賞式がありました!

受賞したのは以下の方です。 

図書の部
大賞
「誠実さとは何か?」 ビジネス学科1年  小田泰隆 

優秀賞
「たいせつなモノ」  広報学科2年  稲本百合香
「小説に時代を学ぶ」  メディア・芸術学科1年 有働 唯 

映画の部
大賞
「笑いながら泣いてた」  経営デザイン学科2年 森本 雄 

優秀賞
「『黄色い涙』を見て」  経営デザイン学科2年 川島 有里子
「鬼の上司に勝つルール」 英米文化学科2年 根津 敬 
第2回書評・映画レビュー大賞

書評・映画レビュー大賞
 

伊丹学舍で図書の部優秀賞に輝いた、2人に話を聞いてみると、

2人とも広報学科(2年生)・メディア・芸術学科(1年生)

それぞれメディアコース出版系の勉強中。

さすが出版系、活字に慣れ親しんでいるということでしょうか?

第2回書評・映画レビュー大賞
  
2年生の稲本さんは今、就職活動していて、 

企業に送るエントリーシートを書く際に、

ちょうど本や映画の感想を書くことがあったので、 

書評・映画レビュー大賞にも応募してみたそうです。

選んだ題材は湊かなえ著の「夜行観覧者」。 

デビュー作の「告白」を読んで面白かったので、

他の作品も読みたいと思ったのだとか。 

第2回書評・映画レビュー大賞
  
1年生の有働さんは本が大好きだそうで、

通学の電車の中で本を読むことが多いそう。 

今、出版表現演習の授業ではファンタジー小説を執筆中とのこと。

書評・映画レビュー大賞では、 

「あまり知られていない面白い作家を紹介したい、と思って 

この本を選びました。」と教えてくれました。 

今回、2人が紹介してくれた本のほかにも

受賞した学生さんのオススメの本が図書館に新入荷しています! 

もうすぐ、冬休みということで

コタツでゆっくり映画や読書というお正月はどうですか? 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

X’masに願いを込めて。

12月も中旬となり、今年もあと15日。

来年までのカウントダウンが始まる頃ですね。 

とは言うものの、外を歩いてみれば、 

クリスマスイルミネーション一色。 

クリスマスが終わるまで、まだまだ今年は終わりません! 

そんなクリスマスまで大阪学舎図書館で

「2010X’masに願いを込めて」というイベントが開催中です。

七夕のゆうべ
(七夕のゆうべの様子) 
夏には「七夕のゆうべ」というイベントで

図書館来館者に短冊に願いを書いてもらい、

笹につるすイベントを行ったのですが、

たくさんの参加者があり、好評だったということで

その好評ぶりに応えてのクリスマスイベントなのだとか。 

今回はクリスマスということで、

図書館来館者にクリスマスカードを配って、

そのカードに願い事を自由に書いてもらい、

クリスマスツリーに飾ってもらおうという企画です。

クリスマスイベント
 
12月24日のクリスマスイヴまでラウンジコーナーで開催中。 

クリスマスイヴまでにみんなの願い事がたくさん詰まった、

オリジナル芸短ツリーになるといいな。

(投稿:大阪芸術大学短期大学部大阪学舎 図書館) 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ