語り部の世界へ。

昨日あったカルチャー・コースを受講した

広報学科年生の伊藤さんから投稿いただきました

 

語り部”として活躍されている、

平野啓子先生が「失敗を乗り越えて」と題して

特別講議をされました。

各界の方を招いてお話を聞く

「カルチャー・コース」での特別講義は、

前回のフリー編集者の西林さんに続いて

回目です。  (第1回のブログはこちらから

 

平野先生が語り部になるまでの

キャスター時代の失敗談などを

話していただきました!

平野啓子 語り部 大阪芸術大学

  

平野先生は小さい頃から

文章を声に出して読む癖があり、

やがてその癖が趣味となり、

さらに仕事にしたい、

と思うようになったそうです。

当時勤めていた役所を辞め、

業界に入りましたが、

収入もなく、「プータロー」と

呼ばれる苦しい日々が続いたそうです。

平野啓子 語り部 大阪芸術大学 カルチャーコース

  

しかし、自分のやりたいことを

周りに話していたことで、

師匠である鎌田弥恵さんと出会い、

語りについて学ぶことができたそうです。

それからNHKキャスターを経て、語り部、番組の司会など

現在でも幅広く活躍されています。

平野啓子 かたりべ アナウンサー

  

講義の最後には、

全員で「たけくらべ」「祇園精舎」「蜘蛛の糸」を朗読し、

とても楽しかったです。

また、平野先生の体験談から

自分のやりたいことを見つけ、

人に話すことが大切だと思いました。

1時間半はあっという間で、

もっとお話を聞きたかったです。

後期でも特別講義を

してくださる予定なので、

楽しみに待ちたいと思います。

平野先生ありがとうございました!

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

好きな動物は?

OUA-TV(大阪芸術大学テレビ) の方から

投稿いただきました
ウィンク

 

以前、大阪芸術短期大学部ブログでも紹介した →こちらから

天王寺動物園情報誌『Togeter』紙面取材。

今回はOUA-TVが学生の取材している模様を

NEWSで紹介するために同行取材しました!

今日で取材は日目。

記念すべき芸短生担当第一号に向けて

取材は着々と進んでいるようです。
天王寺動物園 取材 大阪芸大 短大

取材に参加している学生は広報学科の4人。

次号からは2人一組で取材をするということもあって、

4人で今後の紙面の方向性も打ち合わせながら、

広い園内を歩いてメモを取りながら情報収集。

まだ写真を撮ることに慣れていないようで、

ここに来ては毎回練習しているそうです。

この日もシャッターを切っては、

プレビューして確認。

うまく写真は撮れたんでしょうか?
天王寺動物園 取材 大阪芸大 短大

同行取材をしていて学生たちの

素直な感想を聞いていると、

「こんな見方もあるんだな~」と

動物園の新しい楽しみ方を教えられたような気がします。

『10代や20代の声を記事にしたい!』

動物園の新たな魅力を紙面で伝えられる日が

着々と近づいています!!
天王寺動物園 ぞう ゾウ 
 

記念すべき芸短生担当の第一号発刊は8月中旬です。

天王寺動物園、大阪市内主要駅施設、また南海、

近鉄の主要駅で配布されます。

皆さん、是非手にとって学生たちの声をご覧下さい!

今回の取材の模様は、

715日更新のOUA-TV NEWSにて放送予定です。

是非芸短生たちの活躍をご覧ください!!

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

 

今夜、天気になぁれ。

今日は七夕ですね。

校内を歩いていると、

小さなを発見!

笹 七夕 短冊 大阪芸大 短大

数枚の短冊には

美容のことやバイトのことが…

みんな色々悩みがあるんですね。

 

また、浴衣で登校している

学生もちらほら。

なぜか毎年、七夕には

誰からともなく浴衣姿の生徒が

増えるんです。

七夕 浴衣 大阪芸大 短大

  

幼稚園や小学校では

立派なイベントだった七夕は

中学、高校と気がついたら

通り過ぎていた気がします。

そして、大芸短で再び復活?!

短冊を書いたのも

久しぶりだったのではないでしょうか。

七夕 浴衣 大阪芸大 短大

  

今夜は晴れて、

織り姫と彦星が出会えるといいですね

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

 

レンズの向こう。

写真部が活動の成果を展示します!

写真部 大阪芸短 展示

大阪芸術大学短期大学部では、

いろいろサークルがありますが、

その中でも

部員数の多いサークルの1つ、

写真部の部員数は約40名。

そのうちの約半数が参加する

展示が明日から始まります!

写真部 大阪芸大短 展示

  

今回のテーマは「街」

いろいろな「街」

部員の個性がキラリと光ります。

写真はレイアウトでも印象が変わるもの。

レイアウトにもこだわっていますよ!

 

「個人撮影が多い写真部の

サークルとしての横のつながりを

もたせたかったので企画しました。

1年生を含めて

  次のステップに繋げていって欲しい。」

と部長さん。

ぜひ足を運んでみて下さい◆◇◆

写真部 大阪芸大短 展示 画像

  

写真部展示「街」

日時:7月7日(火)〜7月10日(金)

場所:伊丹学舍 本部棟1F展示室

時間:9:00〜17:00

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

 

募集中です。

学校の中をウロウロしていると、

やたら目につく

このポスター。

芸短祭 学祭 模擬店

1024日(土)・25日(日)に開催される

記念すべき50芸短祭に向けて

準備がはじまっているみたいです。

模擬店の募集は10まで!

ちなみに去年の一番人気は、

焼き鳥でした。

他にもカレーライスやクレープ、自家製陶器など

色々出店していましたよ。

こちらは去年の様子。
芸短祭 写真 模擬店

模擬店がなければ学祭は盛り上がりません!

準備が大変だったりするんですが、

後で振り返って思い出すと、

その準備すら楽しかった思い出だったりするんですよね。

模擬店出店に積極的に参加して、

みんなで学祭を盛り上げましょう!

出店希望の方は、

専用用紙に必要事項を記入して、

本部棟正面玄関か事務局にある学友会BOXへ
学友会 大阪芸短

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

 

学舍の真上を飛行機が…

昨日の鳥から飛ぶつながりで

今日は飛行機の話を…

 

伊丹学舍の上空は

伊丹空港に発着する飛行機の通り道になっていますので

芝生で休憩をしていれば、

いろんな飛行機に出会います。
飛行機 近い

  

特に

学舍の真上を通過して降りていく飛行機は、

本当に低空で手が届きそうなほどです。

夜には飛行機の窓明かりに人影まで

見ることができ、迫力満点です。
飛行機 迫力

  

でも、ちょっと待ってくださいよ。

 

普段は気にもしないことですが、

よーく観察するとほとんどが学舎の南側を

左から右に上昇していくものばかりで

学舍の真上を通過していく飛行機は、

全体の発着数からみたら

ほんの僅かな気がします。

 

なぜなんでしょう…

 

ということで調べてみました。

すると意外なことが判明。

 

伊丹空港では、

北側が山という地形上の制約があるので、

原則として南側ルート(大阪市内) からの

離発着を行っていて、

北側ルート(西宮市側)からの

離発着は極端に少ない(年間離発着の5%未満)らしいのです。
飛行機 大阪空港 近い

  

飛行機は風に向かって降り、

追い風に乗って飛び出しますので

夏場のどうしても南東の風が強い時にだけ、

北側からのルートで着陸してくるのです。

この北側ルートからの着陸時に

伊丹学舍の真上を通過していく

ということなのです。

しかも、大型のジェット機のみ。
飛行機 大阪空港 伊丹空港 近い アップ

  

もし、伊丹学舍の真上を飛行機が

通過しているのを見かけたら

「ちょっと貴重な体験をしたんだよ」と

自慢してみてはいかがでしょうか。

 
 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

 

鳥だって人間が好き。

教養課程の福井康雄先生から投稿いただきました

伊丹キャンパスの芝生には、

いろいろな鳥がやってきます。

今の季節によく見られるのは、

スズメムクドリです。

ムクドリ

スズメは、

家の近くで見られる最もふつうの鳥です。

本当に人が好きで、

人がいなくなった集落からは

スズメもいなくなってしまうそうです。

ムクドリは、

スズメよりもひとまわり大きな鳥ですが、

黄色いクチバシと脚が目立ちます。

芝生の上をよく歩いていて、

虫を探して食べているようです。

このほかにも伊丹キャンパスでは、

カラスやツバメ、ハクセキレイなどを

見たことがあります。

何種類くらいの鳥がやってくるのか、

1年を通して調べてみたいですね。
雀 スズメ アップ

大阪キャンパスにも鳥がいないかなあと

探していると、

先日ブログで紹介された大きな枇杷の木に、

鳥が集まっていました。

ここにいたのも、

スズメとムクドリでした。
椋鳥 ムクドリ アップ

体の色が薄いので、

おそらくまだ若いムクドリのようでしたが、

さかんに枇杷の実をつついて食べていました。

実のなる木は、

人にも鳥にも大切な存在なんですね。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

 

お披露目します。

演劇部新入生顔見せ公演が明日行われます!

この新入生顔見せ公演とは、

4月に演劇部に入部してきた、

1年生の新入部員をお披露目する、

という目的で企画されたものです。

 

したがって、キャストは全員が1年生です。

そして、脚本決めからキャスティング、演出まで

2年生が主となりスタッフを務めます。

大阪芸術大学 短大 演劇部

人前で演劇するのが初めてという

1年生もいるはずなのに、

練習の段階からかなりの完成度。

そんな中、2年生の先輩から

指示やアドバイスが飛び交います。

わずか1年先輩というだけで、

こんなに大人っぽく見えるんですね。

2年生がすごくしっかりしているように見えました!

大阪芸術大学 短大 演劇部

  

顧問の九鬼先生は、

「部活やサークルは学生の自主的な活動の場です。

 
だから、演出もすべて学生です。

 
私もお客さんという立場からしか、

 
意見は言わないようにしています。」とのこと。

 

公演近くになると練習は夜まで続き、

並々ならぬ熱意が伝わってきます。

在学生の方は、ぜひ足を運んでみて下さい。

銀河鉄道の夜 祭よ今宵だけは哀しげに

  

演劇部新入生顔見せ公演

「祭よ、今宵だけは哀しげにー銀河鉄道と夜ー」

日時:7月2日(木)

場所:伊丹学舍広報棟1F テレビスタジオ

開演:18:10(開場:17:50〜)
  

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

 

舞台人の苦悩。

今日は初の1日に2度更新しちゃいますよ!

舞台制作演習Ⅰの授業に行ってきました!
笑う

この授業では、音響美術照明つに分かれて

自分の興味のある分野を学ぶことができます。

 

美術班は、

「とにかく自分の好きなようにパネルを作ってみる」

というのが目標。

独創的なパネルがどんどん仕上がっていきます。

また、床で作っている段階から、

実際にスタジオのセットに見立てて

上から吊り下げてみると、

また印象が変わります。

みんな、色塗りに夢中です。
テレビ制作 美術
テレビ制作 美術

照明班では、

好きな形の照明を映してみるのが課題。

想像よりも大きく映り、

大きさの調整が難しそうです。

細かすぎるものも、

ぼやけてしまうため、

うまく映しだされません。

あらゆる事を想定して、

準備することがとても重要なんですね。

でも、予測どおりの複雑な型が写し出された時には

大きな歓声があがっていました!
テレビ制作 照明

音響班は場所を変えて、

音がよく聞こえる教室へ。

たくさんのスイッチやつまみ、フェ-ダ-が並び、

機械を操るのも難しそう…

その難しそうな機械を操って 

効果音をいくつも重ねていくことで、

町の風景が思い浮かぶから不思議。

音量や効果音の入るタイミングでも

違う印象を受けるという、

廣川先生のアドバイスにも納得です。
テレビ制作 音響 ミキサー
  
今後は、また班がシャッフルされる予定!

一つの授業でつの技術が学べるなんて

おいしい授業ですね
あっかんべー
 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

 

目の輝きは…

昨日、うれしいニュースがありました!

なんと、29日付けの神戸新聞阪神版の朝刊

28日(日)に実施された、

1回キャンパス見学会での小野寺 昭教授の

演技実技体験の様子が取り上げられました!
神戸新聞 小野寺昭

小野寺先生の体験授業はキャンパス見学会でも

すごく人気のある企画です。

いつもテレビで見ている本物の俳優さんに

直接演技指導してもらえるチャンスですから、

演劇・演技演出コース希望でなくても、

参加してみると新たな発見があります。
小野寺昭 授業

本格的な発声練習から始まり、

在校生の白い箱を使った即興劇。

体験授業に参加された高校生も

少しだけ、実際の授業が垣間見られたのではないでしょうか。

 

でも一番、目が輝いていたのは、

高校生の付き添いで来られた保護者の方だったかも?!(笑)


次に小野寺先生に演技実技指導が受けられるのは、

8月2日(日)と8月30日(日)のキャンパス見学会の予定です☆ 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ