オリジナルグッズにきゅん♥

朝から雨が降っている、伊丹学舍です。

明日だけは晴れないかなーと思っているのですが、

天気予報によると、残念ながら明日も雨予想…

キャンパス見学会

明日はいよいよ今年度初めてのキャンパス見学会!

ということで、気合いが入ってますよ。

キャンパス見学会に参加してくれた人に

プレゼントするオリジナルグッズも

めちゃかわいいです!!オススメです!!!

キャンパス見学会

グッズの全貌はもらった人にだけ明らかに。

友達に自慢できること間違いなしです。

大阪学舍では、

英米文化学科ではネイティブ教員との英会話体験や

ビジネス学科の起業体験、

保育学科のピアノ入試対策実技指導に加え、

恒例となった、保育学科学生イベント「あんよがじょうず」を開催。

キャンパス見学会

伊丹学舍では、

メディア芸術学科の「メディア・芸術学科って?」生番組収録に

小野寺昭教授による演技体験授業。

毎年、保護者の方にも大人気です(笑)

デザイン美術学科では鉛筆デッサンの実技指導や

各コース作品制作体験ができます!

他にも、両学舎で学生食堂体験やキャンパスツアーが企画され、

1日ではまわりきれないほどの充実内容。

 詳しくは→こちらからチェックして下さい。

みなさまのお越しをお待ちしてます

 

キャンパス見学会についてはこちらから 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

朱赤+黒=∞

ワールドカップ予選リーグ、決勝リーグをかけた

日本vsデンマークの激戦を朝方まで観ていて

今日は1日寝不足の方も多いのではないでしょうか?

心なしか、朝からいつも元気な学生さんたちが

疲れきっているように見えます(笑)

キャラクター造形コース 二色原稿展

デザイン美術学科 キャラクター造形コース 二色原稿展

『もろ二色。』が伊丹学舍本部棟

図書館へ続く螺旋階段で開催中です!

二色原稿とは、漫画用語で“朱赤と黒”の

絵の具で描かれた着彩原稿のこと。

実際にそれぞれの色を水で薄めたり、

2色を混ぜたりしながら色をつけていきます。

キャラクター造形コース 二色原稿展

そうすることで、単なる朱赤と黒だけでなく

赤茶色や灰色といったカラーの幅が生まれるんですよ。

もちろんモチーフにもよりますが、

2色とは思えない仕上がりになれば大成功!

学生さんの作品には、2色を駆使した原稿から

朱赤をポイントで効かせただけのものまで

二色原稿といっても個性がそれぞれヒカリます。

キャラクター造形コース 二色原稿展

明後日に迫った、キャンパス見学会でも展示中なので、

キャンパス見学会参加の方はぜひ観に行ってみてね。

 

キャンパス見学会についてはこちらから 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

学友会会長は語る。

どうも!こんにちは!

大阪学舍 学友会 会長の石橋ダニエルです。

先月、5月15日(土)に球技大会がありました。

これは毎年恒例の大きなイベントで、

唯一、伊丹学舎と大阪学舍が合同でできる行事です。

私たち学友会も伊丹学舍との連携を取りながら準備を進め

それを通して、たくさんの友人もできました。

結果、誰もケガなく無事、球技大会を成功できたことを

大変、うれしく思っています。

しかし、学校の部活動や就職活動などで、

仕方なく球技大会に参加出来なかった学生も少なくはありませんでした。

みんなからもう一度やりたい!という声を聞き、

また1年生、2年生を含めもっと学科を越えて、

交流を深めてほしい私の願いもあり、

7月18日(日)、ここに大阪学舎内での球技大会、

球技大会リターンズを開催することが決まりました!

球技大会リターンズ

私たち2年学友会実行委員はすでに芸短祭に向けて動き始めています。

なので、この球技大会の準備は学友会1年生を中心に進めています。

なぜなら1年生達は学友会に入ってもあまり活動意思もなく、

学友会って一体なんだろう?といった考えが多くみられます。

去年、私もその一人でした。

そういった考えを打ち砕くべく、

また、来年の新・学友会に向けての経験を積むためでもあります。

しかし今年の1年生は前年に比べると、すごく積極的で。

これは私にとってはうれしい誤算でした。

昼休みなどの時間を使って1年生だけで集まり話し合うその姿は

みんながこの球技大会を成功させたい!という

気持ちがビシビシ伝わってくるんです。

やっぱり会長としてはうれしいですよね!

人間は、一人じゃ何もできない。

私もそう学友会会長としてここにいるけど

結局、自分一人だけじゃ、

こういったイベントを成功させることなんてできない、

ちっぽけな人間なんですよ。笑。

でも私にはみんながいる!

球技大会リターンズ

ひとつになって何かに取り組み、

その中で得られる喜びと感動が私を動かし、

そして、参加し楽しんでくれるみんなの強い気持ちが

私にとって大きな「力」となるのです!

(投稿:ビジネス学科 2年 石橋ダニエル)

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ  

スピート成長中。

今日も伊丹学舍は雨が降ったり止んだり。

最近は晴れている日が少なく、まさに梅雨ですね。

メディア・芸術棟TVスタジオでは、

日曜日のキャンパス見学会に向けて

仕込み(セッティングのこと)が行われました。

キャン見 仕込み

お昼から集まったメンバーは何と全員1年生。

まだ入学してから3ヶ月経たないというのに

専門用語に専門用語で応え、

着々と仕込んでいる姿にビックリしました。

キャン見 仕込み

以前、放送系授業の取材に行ったときは

授業で初めてカメラを触ってみるという時で

カメラを動かす姿もぎこちない様子だったのですが…

照明や音響も扱えるようになっていて

見違えるほど急速な成長ぶりです。

キャン見 仕込み

仕込み後にはリハーサルも行われました。

日曜日のキャンパス見学会で行われる

生番組『メディア・芸術学科って?』では

4月に入学してきたばかりの1年生も

技術スタッフとして活躍しているところにも注目!

 

キャンパス見学会については
こちらから
 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

女の仕草は照れる。

先週の金曜日に大阪芸術大学芸術劇場であった

「大阪芸術大学歌舞伎鑑賞教室

歌舞伎・その美と歴史への招待」へ

メディア・芸術学科舞台芸術コースの学生さんが参加しました!!

歌舞伎鑑賞教室に参加

上演前にあった歌舞伎鑑賞教室では、 芸短生からも

2年の男子学生2人が実際に舞台に上がって、 初めての女形に挑戦。

なかなかの身のこなしたっだそうですが、

どうしても照れてしまっているのと、

知っている男の子が女の仕草に苦戦しているということで

芸短生からは笑いが起こっていたのだとか。

歌舞伎鑑賞教室に参加

それでも参加した2人にとっては、 とっても貴重な体験ですね!

その後、近松門左衛門作「冥途の飛脚」より

「恋飛脚大和往来ー新口村の場ー」を上演。

歌舞伎を観るのは、ほとんどの学生さんが初体験です。

最近では特に、若い人が古典芸能にふれあう機会が

減っていると言われているので、貴重な機会ですね。

歌舞伎鑑賞教室に参加

実際、観てみてどうだった?と聞いてみると

「すごく良かったです!」という元気な返事が。

また、「歌舞伎の観覧は何度か観に行ったことがあるけど、

劇場の前方の席で観れた事に感動した。」 という学生さんもいましたよ。

なかには最後に感動して号泣していた、学生さんも何人もいたそう。

これを機会に古典芸能に興味を持ってくれる

学生さんが増えたら嬉しいですね。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ  

あんよがじょうず。

いよいよ今夜はワールドカップ正念場の

オランダvs日本の一戦ですね。

格上といえども、何が起こるか分からないのがワールドカップ。

日本代表選手には、最後まで攻めていって欲しいです。

それはそうと、お待たせしましたっっ!!

キャンパス見学会

6/27(日)のキャンパス見学会、詳細スケジュールが

決まりましたので、HPに掲載しました!

ぜひチェックしてみてくださいね

詳細はこちらから

今年はメディア・芸術学科が『メディア・芸術学科って?』

という公開生番組をTVスタジオで行うほか、

デザイン美術学科では、ビジュアルデザイン・スペースデザイン・

絵画・工芸(陶芸/ガラス)・キャラクター造形の

各コースで作品制作体験ができます◇◆◇

キャンパス見学会

時間が許す限り、各コースを沢山回って体験してくださいね。

盛り沢山の内容なので、1日では回りきれない!という方もご安心を。

今年のキャンパス見学会は4回予定されていますので、

納得するまで何度も足を運んでいただければと思います。

なお、大阪学舍では、ビジネス学科の起業体験や

英米文化学科のネイティブ教員との英会話体験。

保育学科の附属幼稚園見学、入試対策実技指導、

また恒例の“夢のようちえん”での1日を再現する、

イベント『あんよがじょうず』が

保育学科学生さん企画・演出で行われます!

キャンパス見学会

毎年大好評なので、そちらも必見ですよ◆◇◆

さらにキャンパス見学会は学内を自由に歩き回れる

チャンスなので、図書館や就職課、学生食堂も

自分が芸短生になった気分で満喫してくださいね。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ  

ニューフェイス加入。

天王寺動物園情報誌Together

最新号vol.14が本日発行です。

カラフトフクロウのカメラ目線が目印。

最新号の「芸短生の動物園ウォッチ!」のコーナーは

ニューフェイス特集です。

天王寺動物園情報誌Together
 
天王寺動物園情報誌Together

実は先号まで担当していた、メンバー2人が3月に卒業してから

4月に入学したばかりのメディア・芸術学科1年生

岩井美樹さん・永田菜摘さん・村上里菜さんの3人が

今号から新たにメンバーに加わりました。

こちらのニューフェイスも必見です!

そんな3人の紹介も載っている最新号を

新メンバーに持って行ったところ、

先輩2人が作った紙面を食い入るように見入っていました。

天王寺動物園情報誌Together

3人もさっそく次号から担当することになり

一昨日、取材に行ったばっかりなのだとか。

次はどんな特集を考えているのか、聞いてみたところ

企画会議というよりガールズトークからヒントを得たそうです。

この“思いっきり女子大生目線”が誰が読んでも

面白い紙面になっているのかもしれませんね。

最近は「飼育員さんに聞く動物園のなぜ?」コーナーが

評判らしく、読者の方にお便りもいただくのだとか。

こらからも大学生らしい読者目線で

どんどん「なぜ?」を解決していって欲しいです。

次号はついに新メンバー担当の記事なので、

そちらも乞うご期待

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ  

後押しの1票。

今日から伊丹学舍で、

オリジナル・グッズ・コンテストの投票が

本部棟展示室で始まりました!!

オリジナル・グッズ・コンテスト

ズラリと並んだ、今年の応募作品は

キャラクターが132点、Tシャツが148点。

今年の傾向は、キャラクター部門では動物モチーフが多めでした。

ブタ、ウサギ、パンダ、キリン、トカゲ、ライオン、ネコ…

動物園ができそうなくらい、種類も豊富です。

Tシャツはシンプルでワンポイントがお洒落なデザインか

Tシャツからはみ出そうな勢いでいっぱいに描かれたデザインの

両極端に分かれている気がします。

また、大阪学舍の学生さんがデザインしたTシャツも

絵がすごく上手でビックリしましたよ!

オリジナル・グッズ・コンテスト

さっそく投票に来ていた学生さんも何人かいました。

「これがかわいい!」「私、こういうの結構好き」など

友達同士で意見を言い合いながら投票するのも楽しそうでしたよ。

応募した人はもちろん、

自分のデザインに投票しに行ってください(笑)

応募してない人も

あなたが持っている1票は貴重ですよ!

その1票がグッズ化への後押しになるかもしれません。

オリジナル・グッズ・コンテスト

オリジナル・グッズ・コンテスト2010出品作品展

伊丹学舍での展示は6/17(木)〜6/23(水)

9:00〜17:00 場所:本部棟2F展示室

大阪学舍での展示は6/29(火)〜7/5(月)

9:00〜21:00 場所は3号館1F会議室

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ  

悲鳴と笑い声。

ミュージカル研究Ⅱの授業に行って来ました!

レオタード姿の学生さんたちは

いつもと違う雰囲気で新鮮。

自然と姿勢も良くなり、バレリーナオーラが見えます。

ミュージカル研究Ⅱ

必ず約20分のバーレッスンから始まる、

この授業は優雅なピアノ音楽に合わせて

プリエ、アラベスク、クぺ…と聞き慣れない言葉が

担当の龍先生から発せられ、学生さんがポーズ。

バレエ流柔軟体操が行われます。

ミュージカル研究Ⅱ

このバーレッスン、見ている分にはとっても面白かったです。

龍先生によって、唯一の男子学生である、

三角くんの足はどんどん伸ばされ、

三角くんの悲鳴に似た声によって、笑いが起こる…

という、龍先生と三角くんの漫才のような

掛け合いに笑顔の絶えない授業でした。

でも、実際に授業初めは体が固く、

全く開脚ができなかった学生さんも日々の努力により、

今では前後開脚できるまでになったそう。

ミュージカル研究Ⅱ

そんなバーレッスン後には、

7月のキャンパス見学会で発表予定の

『ミュージカル・コーラスライン』を練習。

ミュージカルは歌に踊りに演技にと、

3要素も含まれているので演じる方は大変なんです!

激しいダンス後の歌は学生さんも若干、息切れが。

それが普通だと思うのですが、

プロのミュージカル俳優は息切れしませんからね。

まだまだ練習とスタミナが必要ということでしょうか。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ  

無言の緊張感。

昨日は降らず、持ちこたえた雨も

今日は朝から降ったり止んだりの伊丹学舍です。

そんな日でも黙々と作業中のデザイン美術学科、

基礎実習Ⅶ(キャラクター造形)の授業に行って来ました!

基礎実習Ⅶ

現在、オリジナルショート作品3P〜6Pの漫画を制作中。

ネーム(漫画を描く前のラフスケッチのようなもの)を

一人一人、担当の桜先生にチェックしてもらっていました。

自分が描いたネームを先生が無言で読んでいる時が

学生さんにとっては、一番緊張している瞬間。

時間にして1、2分なのでしょうが、

緊張がこちらまで伝染して、それ以上に長く感じます。

基礎実習Ⅶ

3〜6Pの短いページ数で、始まりから終わりまで

話が上手くまとまるの?という気もしますが、

まさにこれが、まとめるようになる勉強なのです。

桜先生曰く、3〜6Pの漫画でも学生さんは

描きたいことが多すぎて

どんどん話がズレていってしまうことが多いのだとか。

短いページの漫画は、どこを1番読ませたいのか、

という見せ方の勉強にもなるのですね。

基礎実習Ⅶ

さすが、みんな描き慣れている感じで

ペンに迷いがなく、集中してスラスラ描けている印象。

すでに高校時代から漫画を描いている人が多いのかな、

と思ったら、実は芸短に入学してから初めて

漫画を描き始めたという人もいるのだとか。

しかも意外と上手だったり。

才能はどこに隠れているのか分からないものですね。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ