ファンタジーとリアリティー。

アニメーション業界研究セミナーがありました

株式会社スタジオジブリから

制作業務部渉外担当部長の荒井章吉さんをお招きしました。

テーマは「アニメーション業界の共通した著作権保護の問題」

「スタジオジブリのあゆみ、制作、宣伝」など。

もちろん、アニメーションは注目の業界なので、

就職課でもたくさんの申込が予想されましたが、それを上回る参加者で、

いっぱいになった教室見ても、ジブリ作品の人気が伺えます。

アニメーション業界研究セミナー

荒井さん曰く、 よく観察することがアニメーターへの第1歩!

ジブリ作品が一環して目指している、

“ファンタジーの中にリアリズムを追求する” はこうした

アニメーターの観察力から生まれているのだと感じました。 

また、お話を聞いていると、ジブリ作品に出て来る

登場人物には実際にモデルが存在するのだとか。

しかも、そのモデルがスタッフだったり、肉親だったりと

ジブリ作品の登場人物がなぜ、

こんなにもリアリティーがあるのか?という疑問も解決です。

実際、「となりのトトロ」のネコバスは宮崎駿監督自身がモデルではないか!

スタジオジブリのアットホームな雰囲気も伝わって来ましたよ。

アニメーション業界研究セミナー

スタジオジブリと言えば、名作アニメを何本も生み出し、

その会社までもが夢のような職場という気がしますが、

人に夢を与える作品の舞台裏には、

沢山の職人さんの思いと技が込められています。

手描きアニメーションにこだわった「崖の上のポニョ」は

作画枚数が約17万枚にのぼり、

最新作「借りぐらしのアリエッティ」の作画部門(原画・動画)では、

140名以上のスタッフが関わっているそうです。

アニメーション業界研究セミナー

何歳になっても、何度観ても、新しい発見があり

心動かされるスタジオジブリの作品。

きっと職人さんの一人一人の思いと技に心動かされているのですね。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

就職課で何するの?続き

昨日の続きをお届けします!

>>就職セミナーとは?

「就職活動の仕方は就職課のガイダンスや窓口で説明していますが、

セミナーでは主に、求人票の見方のコツや

企業の面接担当者がどこを見ているかなどを

具体的に指導してもらえます。

とくに7月2日からのセミナーは実際に

企業で面接官をされている方が講師ですから

『企業は何を求めているか』にポイントが置かれ、大変わかりやすく、

過去のセミナーに出席した先輩達からも好評です。

ぜひ1年生に参加してほしいです。

就職課は、和田さんが保育学科の教育実習・保育実習も

担当していますので、保育学科生に関しては、

1年生の早い段階で実習のことに加えて就職の話もします。

大阪学舍の他の2学科とは

まったく違う動きで進路を見つけていきます。」

大阪学舍 就職課インタビュー
 

>>最後に一言どうぞ。

「就職課に来ている学生に対し、

私は時々細かい注意したりしますが、

(うるさがられいるかもしれませんね。笑)

学生のみなさんが社会に出るドアのひとつが就職課かなと

思ったりしていますのでついつい・・・。

他のドアは保護者の方、先生方、アルバイト先の社会人の方等でしょうか。

大河次長も和田さんも窓口に来るみんなの言葉遣い、表情、動作を

大人として見ています。社会人になれるよう見守っています。

怖がらずにぜひ就職課に足を運んでください。

会話しましょう。

一緒に進路を見つけていきましょう。」

就職課は円形校舎の1階、螺旋階段をはさみ

通信教育部の向かいにあります。

(投稿:大阪学舍 就職課)

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

就職課で何するの?

進路について2年生は今、現在、今日も、明日も、

そして1年生はもうそろそろ

考え始めないといけない時期に来ています。

大阪学舎就職課の中野課長にお話を伺いました!

大阪学舍 就職課インタビュー

>>就職課はどんなことをするところですか?

「学生の皆さんの卒業後の進路を一緒に考えていきます。

話し合いながら、悔いの残らない進路を選んでもらいます。」

>>具体的には?

「多分生まれて初めて、真剣に自分というものについて

考えてもらいます。たわいない会話の中で、

今やっているアルバイトの内容、最近の感動秘話、

好きなもの・嫌いなもの等を教えてもらいます。

また小学校から高校生にかけての体験等を

好きなように話してもらったりしています。

話題は何でもいいんです。

あくまで普通の会話です。

他に面接の練習や、履歴書・エントリーシートの書き方も指導します。

面接の練習は、言葉遣い、目線、動作等の細かいところまで

指導しますので、1時間近くかけます。

大河次長の面接練習は、みんなちょっと緊張するみたいですが(笑)

進学希望者には、大学・専門学校等の情報を伝えます。」

大阪学舍 就職課インタビュー

まだまだインタビューは続きますよ〜

続きは明日のブログでお届けしますね!

(投稿:大阪学舍 就職課)

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

この業界目指すなら。

今月6日(日)に迫った、年に1度のJPPAに向けて、

連日、対策講座が行われています!!

この日は問題集を一通り終えて、Q&Aを行っていました。

JPPAとは、日本養豚生産者協議会ではなく

映像音響処理技術者資格認定試験のこと。

インターネットでJPPAを検索すると、

日本養豚生産者協議会がでて、ビックリしました(笑)

JPPA対策講座

今回、対策講座が行われている映像音響技術者資格認定試験(JPPA)の方は、

放送に関わる人、例えばテレビ番組、CM、プロモーションビデオ、

アニメーションなど収録した素材の仕上げに関わる人すべてに

必要な最低限の基礎知識を問題にした資格認定試験です。

試験は技術基礎、映像基礎、音響基礎、デジタルメディアコンピュータ基礎、

著作権基礎の5つの項目に分けられ、

電気回路や映像波形、譜面にブルーレイに関することまで

基礎的な幅広い知識が求められます。

JPPA対策講座

放送や映像関係に就職を目指している人は、ぜひ取っておきたい資格!

専門学校や四年制大学でも受けられている試験です。

映像編集関係に就職した卒業生曰く、

「JPPAの知識は知っているものとして話が始まるので

本当に取っておいてよかった」と言っていましたよ。

未だに問題集を開くこともあるのだそう。

JPPA対策講座

合格率は全国平均と同じく、毎年60〜70%だそうですが、

一生懸命勉強すればするほど合格の可能性は高くなりますからね!

真面目に対策講座に出席して勉強すれば大丈夫。

合格の報告待っています

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

イメージとは何だ。

あいにくの雨が降っている伊丹学舍です。

今日は就職課主催の業界セミナーがありました!

講師は浪速短期大学(現 大阪芸術大学短期大学部)卒業で

学生さんの大大大先輩でもある、木村丹穂さん。

デザイン事務所 青空株式会社の代表取締役をしておられます。

業界セミナー

デザインと一言にいっても、グラフィックにエディトリアル、

スペース、プロダクト、パッケージ、動画など

たくさんの分野があり、そのどれもが全く別もの。

でも、そのどれもに共通しているのは、

デザインはコミュニケーションするアートだということ。

デザインとアートは何が違うの?と思った人!

デザインは商業的要素を含み、

伝えたい相手がいて、どうしたら伝わりやすいのかを考えます。

そして、アートはまさに美術のこと。

自分が表現したいものを制作します。

業界セミナー

さらに、デザイナーとして大事なのは

語彙力だと木村さんは言っていました。

やっぱり言葉の説得力はすごいです。

日本語には、たくさんの形容詞がありますが、

どれだけ形容詞を知っているかによって、

自分の頭の中にある曖昧なイメージを

より正確に伝えることができます。

年代も性別も生まれた地域すら違う人たちでも

みんながドキリとするキャッチコピーってありますよね。

言葉によって、全員に近いイメージを

持ってもらえることは意外と難しいのですよ。

業界セミナー

語彙力はトレーニングで鍛えられるので、

どんどん磨きをかけていって下さい。

「デザインの仕事は『プロになる!』という自覚を

持つところから始まります。ぜひ頑張って欲しいですね。」と

学生さんにエールを送っていました。

 

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ   

積み重ねた功績。

今日は、大阪学舍で新2年生対象で

学内合同企業説明会がありました!

朝からリクルートスーツに身を包んだ学生さんが

多く見受けられましたよ。
学内合同企業説明会

今回、参加の企業は先輩が就職していたりと

芸短にゆかりのある企業ばかり。

参加していただいている企業は「ぜひ芸短の学生さんを…」

と言ってくださっているわけですから、

自分が良いと思った企業には積極的に動きましょう。

学内合同企業説明会

先輩たちが積み重ねてくれた功績のおかげですね。

自分の勉強してきたことで、ちゃんと仕事ができるかな?

と不安に思っている学生さんも多いと思いますが、

先輩が仕事していると聞くと、安心しますよね。

伊丹学舎に帰ってきたばかりの学生さんにお話を聞くと、

気になる会社があったので、HP見てみます、と

さっそく就職課のパソコンの前でにらめっこ。

学内合同企業説明会

みんな少し疲れた様子でしたが、

大阪学舍から帰って来たそのままの足で

就職課に来た学生さんでいっぱいに。

学生さんの就職活動が以前に比べてまた一段と

活発になってきた印象を受けました。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

自分磨き活動。

桜が7分咲きの伊丹学舍からお伝えします。

3月ラストの今週から就職試験対策集中講座が再開!

今日は東京アカデミー榎本先生による筆記試験講座です。

「九九でも奇数の段は半分が偶数になってしまう、

 奇数ってかわいそうですよね…」 など冗談をまじえ

数字の世界で遊びながら、楽しくわかりやすい授業でした。

筆記試験対策講座

新2年生のみなさん!春休みだからといって、

就職活動もお休みにしていませんか?

大不況で大手企業も新卒採用を控える現状では、

自分が行きたいと思っている企業に

どうすれば自分は選ばれるのか?ということを

考えていかなければいけません。

筆記試験対策講座

書類審査でひときわ目を惹く経歴をもっている?

例えば、オリンピック出場とか(笑)

しかし、そんな目を惹く経歴を持っている人はごくまれ。

人柄ややる気はあるから面接に自信あり?  

でも、面接に自信があっても、その前に選考落ち…なんてことも。

だから、筆記試験が大切なのです!

わずかな採用枠に多数の希望者が集まる現状では

筆記試験でふるいにかけられることは珍しくありません。

ふるいにかけられても、残れる程度の

筆記試験対策はやっておくべきことなのです。

就職活動には、こういった自分磨きも含まれるわけですね。 

筆記試験対策講座

就職試験対策集中講座は明日も続きますよ◆◇◆

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ

おしゃれ感覚。

1年生対象にポートフォリオ講座がありました。

今日のブログはその合評に潜入レポート!!

去年の夏の講座はこちらから

今回の合評では、表紙とプロフィール、作品紹介の

ページのデザインを中心に担当の田野先生が

全員のデザインに辛口コメントしていきました。

ポートフォリオ講座

ほぼ全員に共通して言えることは、

ゴチャゴチャしすぎだ、ということ。

1年生でもデザイン上手な学生さんは

ポートフォリオもついデザインしすぎてしまう傾向に。

ポートフォリオというのは

あくまでも自分を売り込むための作品集。

自分の作品がより良く見えるようにシンプルで

空白を生かすデザインを目指さなければなりません。

それがとっても難しいこと。

ちょっと寂しいな…くらいがちょうどいいのだそう。

ポートフォリオ講座

デザインを入れすぎるとクドいし、入れなさすぎると寂しい

そこでで上手く入れるのがスキルであったり感性なのです。

さらに2年生のポートフォリオを参考に紹介して、

これからどんどんポートフォリオに載せれるような作品を

自主制作していくことを勧めていました。 

ポートフォリオ講座

田野先生曰く、

「おしゃれ感覚を忘れちゃだめですよ!!

 文字を変えたり、太さを変えたり、レイアウトの位置を変えたり、

 研究していくことが大切です。」 ということ。

ぜひ、企業の方が思わず手に取ってしまうような

ポートフォリオが出来るよう頑張って下さい。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ  

可能性への挑戦。

伊丹学舍と大阪学舍合同で

金融業界セミナーがありました!

昨年10月に行われたアパレル業界セミナーに続き、

学内で行われる業界セミナーは、

学外で行われる合同企業説明会とは違い、

じっくり、ゆっくり話を聞くことが出来ます。

アパレル業界セミナーはこちらから

金融業界セミナー
 
金融業界はとても競争率の高い業界ではありますが、

実際に人事部の人にお話が聞けるということで、

同じく就職活動を頑張っている

他大学の学生さんたちより一歩前へ出るチャンス!

両学舎ともたくさんの学生さんが参加してくれました。

金融業界を考えていない人も、就職活動において

大手企業の話は聞いておいて損はないですよ。

金融業界セミナー
 
セミナーが始まってすぐに、「銀行員のイメージは?」

という質問にグループになって話合いが行われ、

学生さんたちの抱く銀行員のイメージが発表されました。

若い、女性、常に明るい笑顔、てきぱき、など

発表されたのは、前向きなイメージが多かったですが、

銀行と言われて、お固いイメージを持つ

学生さんも多いのではないでしょうか?
金融業界セミナー

たしかに、お金を扱うシビアな業界ではありますが、

お話を聞いてみると、働いている人のイメージは決して固くはないし、

頑張れば頑張っただけステップアップできるため、

向上心の強い方にはオススメです。

競争率の高い業界だからこそ、

どんどん自分の可能性に挑戦していって欲しいですね。

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップ 

避けて通れない道。

今週と来週の2週に渡って伊丹学舎で行われる、

就職ガイダンスの講義テーマは「自己PR文の書き方」。

講師の角谷 洋一先生はマスコミ就職のための

自己PR文書き方のスペシャリストです。

自己PR文は履歴書に書いたり、

エントリーシートに書いたり、

面接で質問されたり…と

就職活動には避けて通れません。

それは、編入希望の学生も同様ですよ。
自己PR文講座

毎月、相当数の自己PR文を読むという、

角谷先生は「読む」という立場からも

好感の持てる文章の書き方を指導してくださいました!

誤字・脱字はしてはいけない、

という文章を書く基本から、読みやすい書体、

です・ます・である文体の使い分け、

意外と知らない原稿用紙の使い方、

読む相手にとって読みやすい段落分けとは、

「一文を短く!」という意外な鉄則まで。
自己PR文対策講座

書くということについては、

読む相手の立場に立つということが

実は大切なポイントなのかもしれませんね。

学生が敬遠しがちな自己PR文は

意外と多く、様々な状況で求められます。

自分を見つめ直すのに、いい機会かもしれませんね。
自己PR文対策講座

角谷先生が一番力を入れて訴えていたのは、

サンプルを真似したり、参考にするのではなく、

一人一人が自分に合ったものを書くということ。

内容はオリジナルを目指し、

自分の持っている個性を大切にして

ありのままを表現できるように頑張りましょう!

角谷先生に添削していただいた自己PR文が

返ってくるのが楽しみですね

 

大阪芸術大学短期大学部ホームページ

大阪芸術大学短期大学部ブログトップへ