いよいよ明日!卒業コンサート!

 

…2年分の思いを、今あなたに伝えたい。

明日開催される「第5回 メディア・芸術学科

ポピュラー音楽コース 卒業コンサート」!!!

学生たちが、これまで学んできたことの

集大成を披露しますので、ぜひご来場下さい!

 

 

メディア・芸術学科 ポピュラー音楽コース

「第5回卒業コンサート」

2017年3月12日(日)

開演時間◇15:00(開場14:30)

場所ビルボード大阪

入場無料

 

 

 

 

週末のイベントは、卒業コンサートだけではありません!

デザイン美術学科キャラクターマンガフィギュアコースの
学生たちが参加するアリスと歯車は、今日と明日 開催されます♪

アリスと歯車2

http://awo3.webnode.jp
2017年 3月11日(土)・12日(日)
11:00~18:00(入場料300円)
大阪市立西成区民センター
こちらもぜひご来場下さい♪

 

 

 

 

今日は、3月11日。6年前の今日。
14:46に東北地方太平洋沖地震は発生しました。
6年経った今も、仮設住宅に住んでいる方が、たくさんいらっしゃいます。
私たちが出来ることは、限られているかもしれませんが、
少しずつでも復興に協力していきたいですね…。

 

伊丹学舎の卒業生と大阪学舎の新入生

まずは伊丹学舎のトピックから!!

学科やコースごとで開催されていた卒業公演も

ついに週末のポピュラー音楽コース卒業コンサートを

残すのみになりました!!

(もう何度もブログに掲載されているのでご存じですよね。(笑)
詳細はこちらから!!)

 

 

明日はレッスン室の貸し出しがないため、

今日は本番までの練習日としては最後の日。

2回生にとっては芸短で楽器を弾く最後の日になります。

 

ポピュラー音楽コースのレッスン室のある芸術ホールでは、

いたるとこから「卒業したくないー!!さみしいー!!」

といった声が聞こえ…

るかと思っていたのですが、あれっ??

 

 

予想に反してここは楽しそうに休憩中でした。(笑)

2階のレッスン室でも部屋の中には真剣な顔の2回生の姿が。

しっかりと最後の確認をしているようでした!!

 

 

みんなで和気あいあいとするのも最後の思い出づくり!!

ばっちり宣伝もしていただきました♪♪

日曜日、楽しみにしています!!

 

 

さて、卒業していく学生さんがいれば

入学してくる学生さんもいるもので…

昨日、大阪学舎では保育学科の「入学前教育inキャンパス」が開催されました!!

 

 

在校生のレクリエーションや、ワークシートの確認・提出、

そして、入学後の流れや心構えをしっかり確認していました。

保育学科では入学してまもなくの4月中ごろに、

早速、附属幼稚園への見学実習が待っています!!

それらについても先生方からしっかりとレクチャーを受けていました。

 

 

芸短の保育学科は共学なので、

教室の少し左に目をやると男子のグループを発見!!

席で直接お話しもしましたが、まだ入学前なので今回は後ろ姿だけの紹介で♪♪

 

 

皆さんの2年間が楽しく、

そして充実した芸短ライフになることを心より祈っています!!

 

卒コン本番まであと3日です!

 

今日は3月9日。

ありがとう(サンキュー)の日です!

身近な人に、日頃の感謝をこめて、
「ありがとう」を伝えてみませんか…?

 

さて、そんな本日のブログは、

今週末に開催される、メディア・芸術学科ポピュラー音楽コース

第5回卒業コンサートについてお届けします♪

 

昨日、芸術ホールに行くと、

1回生も2回生も集まって積み込み作業をしていました!

…バタバタする忙しいタイミングで行ってしまって、すみません…。

 

 

リハーサルの片付けと同時進行で積み込む荷物を整理していきます。

楽器が壊れない様に、毛布で包む、、、

ステージ上のあちこちで、梱包作業が行なわれていました。

 

 

 

持っていくものと、置いていくもの…

2回生が中心となって、

積み込み作業は進められていました!

大きいものを運ぶことも多いと思いますが、
怪我だけはしないように、気をつけて下さいね!!

 

途中、雨がパラパラと降っていましたが、

なんとか、作業は完了した様です!

 

 

今回の卒業コンサートは、17曲中8曲が
学生の作詞作曲!オリジナルソングになっています!
ジャンルや楽器編成もさまざま!
8人の学生さんが、それぞれ どんな楽曲を披露するのか楽しみです♪

 

メディア・芸術学科 ポピュラー音楽コース

「第5回卒業コンサート」

2017年3月12日(日)

開演時間◇15:00(開場14:30)

場所ビルボード大阪

入場無料

 

 

 

 

こちらも今週末 注目のイベントです!

アリスと歯車2

http://awo3.webnode.jp
2017年 3月11日(土)・12日(日)
11:00~18:00(入場料300円)
大阪市立西成区民センター
デザイン美術学科キャラクター・マンガ・フィギュアコースの
学生たちが参加していますので、ぜひご来場下さい♪

 

今週末です!卒業コンサート!!

 

今日は、今週一番の冷え込みになるそうです。

今からお出かけされる方は、

暖かい服装で出かけましょうね!!

 

さて、そんな本日のブログは、

今週末におこなわれる卒業コンサートの

練習風景をお伝えします♪

 

 

学内の芸術ホールに集まった学生さんたちは、

全員でリハーサルをおこなっていました!

1バンドごとに時間を与えられ、

客席に座っている先生に見られながらの演奏…。

 

限られた時間の中で、先生方のチェックを受けます。

これは、緊張するだろうなぁ…><!

 

 

ほんの少し、音色や弾き方を変えるだけで、

曲はどんどん良くなっていきますし、レッスン室で演奏するのと、

ライブハウスで演奏するのでは音の聴こえ方が変わりますので、

先生方が学生さんたちの演奏を客観的に聴いて、

アドバイスをします♪

 

先生方のアドバイスを聞きながら、学生さんたちは、

音を調整したり、パフォーマンスを変えてみたり。

時には、先生方が音調整する場面も…!!

 

 

余談ですが…。キーボードって色々な音が出て面白いですよね♪
トランペットなどの金管楽器や、フルートやクラリネットと言った木管楽器など、
一台あれば、いろんなジャンルの音楽を楽しむことができます!
微妙なニュアンスの違いを表現できるキーボードは、
いろいろな楽器のいろいろな音色を引き出せる、とても奥深い楽器なんですね♪

 

 

音の調節をして、ステージ上の楽器を調和させていく。

メンバーみんなで呼吸を合わせて、初めて ひとつの曲になる!!

 

1人でも音楽はできますが、、、

“今しかできない”みんなとの音を楽しんで下さいね♪

そんな学生さんたちの集大成コンサートは、

今週の日曜日、3月12日開催です!!

 

メディア・芸術学科 ポピュラー音楽コース

「第5回卒業コンサート」

 

2017年3月12日(日)

開演時間◇15:00(開場14:30)

場所ビルボード大阪

入場無料

今日は消防記念日です!

 

今日は、今年度最後のAO入試面接が行なわれました!
これで私たち入試課も一段落!
と思いきや…この時期にはもう高校1年生と2年生の
進学説明会やガイダンスに行っているんです!
高校生のみなさんは、また会うことがあるかもしれませんね♪

 

さてそんな本日は、3月7日! 消防記念日です! 

みなさんはご存知ですか…?

火災原因に多く見られるのは、

ガスコンロやタバコの不始末など、

事前に防げるものが多いんですよ!

 

最近は、工場火災があったり、

1つの店舗から近隣店舗に燃え広がった、

大規模な火災ニュースを見ることもあります。

一度燃え広がると、全てを奪ってしまう火災。

怖いですよね…><!

 

毎年、消防記念日のこの時期には、

「春季全国火災予防運動」が行なわれているそうです!

 

予防運動は11月9日の「119番の日」にも開催されています。

 

 

記念式典や消防訓練、火災警報機等の点検などの対策に加え、

火災発生対策の講習など、

地域によって、内容は さまざま…!

 

一人一人の心がけで防ぐことができる火災。

少しでも減らしていけるように気をつけたいですね!!

 

じっくり観察してみよう!

 

週始めの月曜日です!

今週は、晴れているのか曇っているのか…

ハッキリとしないお天気が続きそう><!

 

今週末には、メディア・芸術学科

第5回ポピュラー音楽コース 卒業コンサートがあるので、

日曜日は晴れて欲しいのですが…。

 

さて、そんな本日のブログは…

先月発行された天王寺動物園情報紙「Together vol.54」について!

 

今回の表紙は、クロサイのライくんです!

約1年前に愛媛から来た寂しがりやのライくんは、

少しずつ運動場に慣れるように練習中。

体は大きいけど、とっても臆病なクロサイくんの生活ぶりとは!?

 

 

そして、今回の芸短生動物園ウォッチは…!?

「新たな命…フクロテナガザルの赤ちゃんに胸キュン」

と題して、フクロテナガザルの生態に迫っています!

 

天王寺動物園に誕生した新たな命。

フクロテナガザルの赤ちゃんの取材に奮闘する学生さんですが、

振り落とされない様に必死にしがみつく赤ちゃんを

一瞬の写真で捉えるのは、大変だったようです!

 

エサやりひとつをとっても、工夫を凝らしている、

天王寺動物園の「環境エンリッチメント」という

取組みにも注目し、その魅力を伝えています♪

 

天王寺動物園Togetherは、

大阪府の主要施設や、駅などに置かれています。

もちろん学内にも置いていますので、

ぜひ見てみて下さいね!!!

 

雛遊び?上巳の節句?桃の節句?

 

今日は少し曇空かな…?
はっきりしないお天気になりそうな伊丹学舎です。

 

今日のブログは、桃の節句ひなまつりについて!
明かりをつけましょぼんぼりに~♪
女の子なら、誰もが歌ったことのある歌ではないでしょうか?

 

ひなまつりと言えば、、、
女の子の健やかな成長を願い「ひな人形」を飾る行事です。
この風習がいつ頃から始まったのかは、
分かっておらず、この起源に関しても複数の説があるそうです。

 

 

元々は、平安貴族の女の子の遊び事として、
人形を飾ったものと考えられています。
このときは儀式ではなく、ただの「人形遊び」として
捉えられていた様です。

 

同じ時代。
今とは違って「上巳(じょうし)の節句」と言われる節句の儀式。
穢れ払い(ケガレバライ)の風習として、
紙で作った人形を川へ流す「流し雛」や、
人形を祀っていたりしていたそうですよ!

 

 

そして江戸時代に入り、、、
女の子の人形遊びと上巳の節句の儀式が合わさり、
「ひなまつり」として、全国に広まっていたそうです!
現在のひな祭により近い形式に整ったのは、
江戸時代に入ってからという事でしょうか…?

 

鳥取や京都などで、今でもおこなわれている、
「流し雛」は、ひなまつりの元となった
伝統行事だったんですね♪

 

ちなみに、「上巳の節句」と呼ばれていた節句が、
「桃の節句」と言われるようになったのは…
旧暦の3月3日が、桃の咲く時期だったからなのだそうです!

 

…今日は3月3日!
ひな人形を飾っている家は年々少なくなっていると言われていますが…
今一度、日本の伝統行事を見直してみませんか…?

 

「月の船」〜オフショット集〜

 

今日のブログは、昨日に引き続き、、、
メディア・芸術学科舞台芸術コース第9回卒業公演「月の船」の
公演終了後オフショットをお届けします♪

 

 

公演を見に来ていた他学科他コースの学生さんたちや、
昨年の卒業生たちとワイワイ話している学生さんたちが
すごく楽しそうだったのが印象的!

 

後期授業時から、連日 稽古に励んでいた学生さんたち。
公演が終わり、ようやく一息つけたのではないでしょうか…?

 

 

 

ちなみに…昨日のブログで書いていたシーンがコチラ…!
人だかりを覗いてみると、カメラを構えた方がたくさんいたんです!

 

 

第2幕中盤。「俺ではだめか…」という一言から、蒼へ密かに想いを寄せていた、
裏諏訪五人集の 健(たける) が、「俺はお前が好きだ!」と思いを打ち明ける場面!
この場面で、キュンと ときめいていたお客さんも多かったのでは…?

 

「写真を撮らせて下さい」というリクエストに答える形で…、
照れながらも、舞台と同じ様に抱き合う2人でした(笑)

 

 

過去と現代で恋に落ちてしまった五人衆の 羽鹿(はじか)さんを始め、
裏諏訪5人衆は写真待ちの列が出来ていましたね!

 

一方…。役者たちがロビーに出ている間、
舞台芸術コース・舞台制作系の学生さんは速やかにお片づけ。

 

舞台セットや音響機材などの片付けは、制作スタッフの仕事です!
そして、衣装の小物類を片付け始めたのは、
舞台芸術コース・身体表現系1回生の学生さんたち。
帯の本数などを確認しながら、積み込み準備をしています。

 

 

最後になりましたが、こちらは映像のスタッフたち!
写真を撮る時に捕まえられたのが、彼らだけだったのですが、
芸大テレビさんも来ていたので、撮影スタッフも実はかなりの人数でした!

 

出演した学生さんも、スタッフとして舞台を支えていた学生さんも、
みなさんお疲れさまでした!!!

 

普段のメイクと違い、舞台上のメイクはとても濃いので、
「ブログ取材ですか~?」と声をかけてくれた学生さんに、
「えーっと、、、その顔は…誰だろう?」と首を傾げてしまうこともありました><!
すぐに分からなくて、ごめんね…;

 

さぁ!卒業イベントも、残るは卒業コンサートのみとなりました!
メディア・芸術学科「第5回ポピュラー音楽コース卒業コンサート」は
3月12日(日)開催です♪

 

二人の魂はいつまでも呼び合う

 

今日は良いお天気! 洗濯日和ですね♪
木曜日にかけて、少しお天気が崩れていく予定なので、
洗濯は今日中にしておくのが良いかな…?

 

さて、そんな本日のブログは…
昨日に引き続き、卒業公演の様子をお伝えします♪

 

 

第2幕。大殿の側室・小夜が用意した
藤丸一座の舞から始まります。
…ここにいるのは、優緋の身代わりとなった蒼。

 

人知れず優緋になりすました蒼は、
武田の間者である藤丸一座の紗紅弥に刀を向けられ、
傍にいた鈴花を連れ去られます。

 

 

鈴花を連れ去ったのは鈴花の弟・慶春で、
兄・興春に命を狙われた慶春は紗紅弥と名乗り、
上諏訪当主となった優緋の命を狙ったのでした。
しかし、鈴花から真実を聞いた慶春は、
武田の陰謀を優緋になりすました蒼に伝えます。

 

戦ばかりの世に、真の明日があるのだろうか…
蒼は一人、戦乱の世を憂います。
そこへ励ましにくるのは、やはり裏諏訪五人衆。
これまで一緒に過ごしてきた仲間たちでした。

 

 

場面は変わって、諏訪湖にいる諏訪朗たち。
自分たちが住んでいた未来に帰る事が出来るのか、
不安が募っていきまます。

 

………一人諏訪湖を見つめる諏訪朗。
そこへ、蒼がやってきます。
諏訪朗がタイムスリップした先祖伝来の手鏡と
同じ形の手鏡を蒼が持っていたのです。

 

卯の年、卯の月、卯の日、卯の刻。
酉の年、酉の月、酉の日、酉の刻。

 

 

それぞれの手鏡に書かれたこの言葉から、
向かい干支であるということに気付いた2人は、
優緋に会いに行くことに…。

 

 

そこで明かされた真実。
蒼こそが、上諏訪の諏訪家の当主、
諏訪大明神に守られた女軍神だったのです。
手鏡に導かれ、この時代にきた意味を知った諏訪朗は
上諏訪と下諏訪の戦を勝ち戦にするため、
「諏訪法性の御兜」を取り戻そうとします。

 

その役を買って出たのが、優緋と結ばれた鈴花。
亡き優緋を思い、下諏訪の兄の元へと御兜を取り戻しにいきました。

 

 

戦が始まり、蒼と戦う決意をした諏訪朗たち…。
お城には火がが放たれ、もはや絶対絶命のなか、
お城を守り、仲間を助けようとする当主の蒼でしたが…
そこへ御兜をたずさえ、鈴花が氷の上を渡ってきた鈴花。
鈴花は、上諏訪の諏訪家を勝利に…。

 

 

過去と現在で、強い絆が芽生え、時空を超え結びつく物語。
実ることのない恋模様があったり…、戦乱の世に生きる武士の志を感じたり…、
ブログでは伝えきれないほど、たくさんのドラマが詰まった物語でした。

 

 

学生さんたちの演技に加え、タイムトリップする瞬間の照明や、
お城が炎にまかれたり、御神渡りを再現したり、桜が舞い落ちてきたり…
舞台に入り込んでしまう演出も素晴らしかったです♪

 

私のお気に入りは…
冒頭のホタル飛び交う諏訪湖の情景!
ご来場いただいたみなさんの
お気に入りは、どのシーンでしたか?

 

卒業公演のオフショットを明日のブログでお届けしますが…
終演後、人気だったのは…ドキドキのあの場面かな?
明日のブログもお楽しみに!!

 

 

ご来場ありがとうございました

 

本日のブログは、2月25日(土)に開催された、
メディア・芸術学科 舞台芸術コース
第9回卒業公演「月の船」の模様をお届けします♪

 

 

ご来場頂いたみなさま!ありがとうございました!
多くのお客様に見守られ、無事に幕をおろすことが出来ました♪

 

さて。この物語は、上諏訪の諏訪家末裔・諏訪朗の祖父が残した、
備忘録を紐解くところから始まります。

 

 

備忘録に書かれていた祖父の言葉。
先祖伝来の手鏡を使い、月の船に乗って卯の年、卯の月、卯の日、卯の刻。
時空を超え、時代をさかのぼれ!!
諏訪朗と剣道部の仲間たちは諏訪湖へ向かい、その手鏡を月へかざします。

 

一方、戦国時代。武田信玄の父・信虎の頃。
上諏訪の諏訪家と下諏訪の金刺家は長年対立していました。
諏訪家の優緋は、金刺家の姫・鈴花を嫁に迎えることで、 
諏訪一帯は、未来永劫仲良く過ごせると思っていたのですが…。

 

 

ここで、武田が下諏訪に加勢すると見せかけて、
諏訪一帯を我が物にしようと企て、上諏訪の大殿や家来もろとも暗殺しようと目論み、
下諏訪を利用するのでした。

 

その頃。優緋の父・政継は…
鈴花の兄・下諏訪の金刺興春から宴へ招かれていました。
そこで毒を盛られ、優緋の父・政継は暗殺されることとなるのです。

 

場面は変わり、、、上諏訪を守る影の軍団流破が暮らす裏諏訪。
裏諏訪五人衆とともに暮らす蒼は、優緋の双子の妹。
蒼は、女であることを隠し自分がどこで生まれたのか、
父母はだれなのか、何も知らされないまま裏諏訪で暮らしていました。

 

 

そんなある日、優緋と間違われ武田の間者に追われる蒼。
そこに現代から月の船に乗ってきた諏訪朗たちが現れます。
蒼や蒼を守る裏諏訪五人衆は、驚きながらも諏訪朗を受け入れ、
戦いの中で、蒼たちと諏訪朗たちの友情が芽生え始めるのです。

 

 

そして、上諏訪と裏諏訪は、大殿が暗殺されたことを知ります。
鈴花をも切り捨てる興春を手にかけるため、
下諏訪を目指そうとするのですが、病弱な優緋は倒れてしまいます。
そこで上諏訪のじいと使いの者たちは、裏諏訪へ出向き。
「お世継ぎ様をお迎えに参ったのだ」と蒼を差し出すよう命じます。
この時初めて、己の出生の秘密を知った蒼。
その運命を受け入れ、 兄の身代わりに……!?

 

 

さて本日は1幕のあらすじをお伝えしました。
舞台の順番とは異なる部分もありますが、ご了承下さい。わかりやすくお伝えするための手段です。
「この後の展開はどうなるの?」といったところですが、
この続きは、また明日…お伝えしますね♪